今日は、三つの要素の一つ、「スピード」についてです。

 

スピードの定義は「前方への重心移動の速さ」であり、いかに素早く重心を前に移動させるか、が大切になります。

 

スピード(重心移動)を決定する要因は様々ですが、考え方として欠かせないものがあります。

 

それは、ピッチ(一定時間内の歩数)とストライド(一歩の歩幅)で、この二つを向上させることができれば足は速くなると考えられます。

 

単純な話ですが、それが難しく、一般的にはどちらかを向上させようと意識するとどちらかは低下してしまいやすくなります。

 

ピッチが向上してもストライドが短くなってはいけないですし、ストライドが向上してもピッチが低下してしまってはいけないのです。

 

どちらも同時に改善していくのは難しくピッチかストライドのどちらかに焦点を当てトレーニングしたほうがよいと言われており、比較的ストライドのほうが改善しやすいと言われています。

 

走るとなると、大きく分けて加速局面とトップスピード維持局面に分けられます。

 

走り始めは、スタートを切り、まず加速していかなければなりません。

 

加速局面では深い前傾姿勢をとり、ストライドを徐々に広めていき、ピッチも速めていきます。

 

加速していくと、徐々にトップスピードに近づいていきます。

 

トップスピード維持局面では、姿勢は地面に対して垂直に保ち、スピード維持のために最大のストライドとピッチを維持します。

 

例えば、サッカーでダッシュをするとき、野球で打撃後一塁へ向かうとき、その他多くの、スピードを必要とする競技で活用することができます。

 

このように、姿勢やストライド、ピッチを考慮することは陸上の短距離走だけではなく、様々なスポーツにおいて重要になります。

 

安定したストライドやピッチを獲得するには合理的なフォームの習得が大切であり、前回書いたように、動的柔軟性や爆発的パワーの獲得も必要になります。

 

そのために、ウォームアップで、股関節の動的柔軟性と体幹の安定の向上を意識して、ニーアップウォークやハードラーウォークなどを取り入れたりすることも、ストライド幅の

向上につなげることができるかもしれません。

 

爆発的なパワーの獲得では、ジャンプ系のエクササイズを取り入れ、しっかり地面からの反発をもらう感覚をつかむことなどが大切になってきます。

 

ラダーやミニハードルなどを使い、フォームの修正や、ストライド、ピッチの向上を目的としたドリルを行うことも、スピードの向上につながるでしょう。

 

ただし、正しいフォームを意識して行うことや、トレーニングの量や強度に注意しなければいけません。

 

次回は「アジリティ」について書いていきます。

 

ではまた!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  2. 2015-11-20

    筋線維の発生と機能構造

    筋は形態的かつ生理的な違いから横紋筋、心筋、平滑筋に分類されます。横紋筋の大部分は骨に付着し関節…
  3. 2015-5-20

    難消化性デンプンとは

    難消化性デンプンとは、レジスタントスターチといい、ヒトの小腸まででは消化されず、大腸に届くでんぷん、…
  4. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  5. 2015-9-4

    コアスタビリティトレーニングとは

    多くの選手がコアスタビリティトレーニングと呼ばれる腹横筋の活性化を強調したトレーニングを行っていると…
ページ上部へ戻る