痛みを作る物質「ブラジキニン」

痛みの元である発痛物質。
その中でも代表的なブラジキニンについてご紹介します。

ブラジキニンとは9個のアミノ酸からなるポリペプチドです。

発痛物質には、ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、アセチルコリンなどがありますが、その中でブラジキニンは最も強力とされています。

ブラジキニンには、B1とB2のふたつの受容体があります。
B2受容体は、身体のほとんどの組織に常に存在しており、組織損傷や炎症などといった、
ブラジキニンがうみだされるような状況で痛みや浮腫を身体に引き起こします。

B1受容体は、組織損傷や炎症などが起こることによって発現する受容体です。
作用は、炎症反応の維持やそれに伴う痛みに関与しているとされています。

前回出たきたプロスタグランジンについても説明します。

プロスタグランジンとは痛みを感じやすくする作用を持つ発痛物質です。
炎症部位ではプロスタグランジンが産生され、痛みや発熱の閾値を下げます。
プロスタグランジン自体に発痛作用はないのですが、ブラジキニンが働く受容体に強く作用するので、
痛みの閾値を下げられた受容体はブラジキニンの刺激を強く受けてしまいます。

皆さんが普段よく目にする鎮痛薬の主成分であるイブプロフェンやアスピリンはこのプロスタグランジンの産生を抑制する作用を持ちます。

痛みはいやなものですが、うまく付き合っていくために痛みの内面を知っておくのも大事なことではないでしょうか。

痛みを知ることは、自分の体をよりよく知ることにつながります。
痛みを正しく理解して、上手に付き合っていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  2. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
  3. 2015-7-4

    免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

    T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。このパ…
  4. 2015-6-21

    疲れやコリを取り除くコリ回路とは

    筋中において、疲れやコリの一因になるのは、血中の乳酸濃度が高まることによるpHの低下、乳酸性アシドー…
  5. 2016-12-22

    より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

    陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。それらの動作は「伸張…
ページ上部へ戻る