痛みを作る物質「ブラジキニン」

痛みの元である発痛物質。
その中でも代表的なブラジキニンについてご紹介します。

ブラジキニンとは9個のアミノ酸からなるポリペプチドです。

発痛物質には、ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、アセチルコリンなどがありますが、その中でブラジキニンは最も強力とされています。

ブラジキニンには、B1とB2のふたつの受容体があります。
B2受容体は、身体のほとんどの組織に常に存在しており、組織損傷や炎症などといった、
ブラジキニンがうみだされるような状況で痛みや浮腫を身体に引き起こします。

B1受容体は、組織損傷や炎症などが起こることによって発現する受容体です。
作用は、炎症反応の維持やそれに伴う痛みに関与しているとされています。

前回出たきたプロスタグランジンについても説明します。

プロスタグランジンとは痛みを感じやすくする作用を持つ発痛物質です。
炎症部位ではプロスタグランジンが産生され、痛みや発熱の閾値を下げます。
プロスタグランジン自体に発痛作用はないのですが、ブラジキニンが働く受容体に強く作用するので、
痛みの閾値を下げられた受容体はブラジキニンの刺激を強く受けてしまいます。

皆さんが普段よく目にする鎮痛薬の主成分であるイブプロフェンやアスピリンはこのプロスタグランジンの産生を抑制する作用を持ちます。

痛みはいやなものですが、うまく付き合っていくために痛みの内面を知っておくのも大事なことではないでしょうか。

痛みを知ることは、自分の体をよりよく知ることにつながります。
痛みを正しく理解して、上手に付き合っていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  2. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  3. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  4. 2015-8-16

    ストレスと下垂体 – 副腎系

    生体にストレスが加わると、さまざまな変化が起こります。生体へのストレス負荷により、視床下部―…
  5. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
ページ上部へ戻る