コーピングとはもともとはストレス状況下でストレスの原因を除去したり、ストレス状況を低減するように対処する努力をすることです。

その方法は個人によって異なりますが、痛みという症状に対しては、積極的に対処し克服しようとする個人の適応力を指します。

否定的な考えや、病態への不安、行動の制限などへの悪い適応によって、逆に痛みや機能障害、筋スパズムが強くなるという報告もあります。

これに対し、動かさず大事にすることよりも運動を行うほうが痛みが改善していくという報告や、仕事に即した運動を行うことによって痛みの治療効果が向上したという報告もされています。

このような運動をさせる場合、「これは避けなくてはならない」とか「~してはいけない」というネガティブワードを言葉がけするのではなく、「これは行って問題ない」「これはできるようになった」などのポジティブワードをかけることが正しいコーピングを成功させる秘訣になるといわれます。

つまり、心理的なアプローチ、行動認知療法、機能優先の運動などを通して、心理面にアプローチを行い行動変容を行っていくことが大切にになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  2. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  3. 2015-9-11

    顎関節ストレスと姿勢

    筋解剖学に基づくと、頭部の位置が下顎の安静位置に影響を及ぼすと考えることは容易なものです。た…
  4. 2015-2-27

    プレ・パフォーマンス・ルーティンとフォーカルポイント

    スポーツの世界ではよく「集中力」という言葉を耳にします。「集中力が足りないから負けた」、「集…
  5. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
ページ上部へ戻る