sensori-motor integration

我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わっている多数の筋を空間的・時間的に協調して収縮させる結果である。
このような運動の実行に直接的に関わる神経機構を「運動系」とよぶ。

しかしながら、ここで大事なのは上位脳からの種々の運動命令、そして、末梢からの感覚入力が関与した上で運動が起こることを忘れてはならない。

進化の過程で運動ニューロンの活動を制御するために最初に発達したのは「反射」である。
これは種々の感覚入力に対して必要最小限の神経結合を利用し一定の反応で応えるもの。
代表的なもので筋伸張反射や屈筋反射、交叉性伸展反射などの脊髄反射機構が有名である。

そして、進化が進むにつれて運動を全身的に統合して制御する必要が増し、より高位レベルの運動中枢機構が発達してきた経緯をもつ。
脳幹に端を発する網様体脊髄路、前庭脊髄路や大脳皮質運動野からの皮質脊髄路などの下行伝導路がこれの代表的なものである。

また大脳基底核や小脳は大脳や脳幹にある上記の運動ニューロンを直接的に支配する伝導路は持っていない。

しかしながら、これらも運動系に含まなければいけないのは、大脳基底核や小脳は大脳、脳幹の運動中枢と密接な相互関係をもち、それを通じて運動ニューロンの活動制御を司っているからである。
大脳基底核、小脳では抑制性の運動ニューロンが働くことがわかっていて、いわば運動系の黒幕的な働きをしているのだ。

このように「運動系」をコントロールしている脳は多岐にわたるが、日常の目的にあった運動を実行するためには以下のことが大事である。

一つは、制御情報としての感覚入力が極めて重要な役割をしているということ。
感覚-運動の統合作用「sensori-motor integration」と言われるが、これが本当に大事である。
もう一つは「運動系」の背後には大脳皮質連合野を中心とする広範な機構が存在し、随意運動の動機付け・運動プログラムの作成に関与していること。
これがあるからこそ、どうしたい、どう動かすのかなどの動機付けや動作選択が起こるのである。

「運動系」を考える場合は、まずこの2つを考える必要があるのだ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-29

    インスリン分泌促進因子インクレチンと肥満の関係

    インクレチンとは消化管ホルモンであるGIPとGLP-1の総称です。これらは食事摂取に伴い効率…
  2. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  3. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
  4. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
  5. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
ページ上部へ戻る