内側側副靭帯損傷について

先日のプロ野球の試合でソフトバンクの斐嗣捕手がホームベースへスライディングの際に膝を痛めてしまいニュースになっていました。

斐嗣捕手への医師からの診断は’’膝内側側副靭帯損傷’’とのことです。

’’膝内側側副靭帯損傷’’といえばサッカー日本代表の大久保選手などスポーツ選手に多く見られる怪我のひとつと言えます。

今回は’’膝内側側副靭帯損傷’’についてお話したいと思います。

この疾患は膝靭帯の中でも発生頻度が高く、野球やサッカーだけでなく、アメフトやラグビーなどのコンタクトスポーツやバスケットボールやテニスなど急な方向転換を必要とする競技にみられます。

膝関節靭帯は主に4本あり、膝の前後左右に対する支持を行なっています。

その1つである内側側副靭帯は、 膝の内側を支えている厚く、 幅の広い靭帯で、 膝が外側に反らないように防ぐ作用があります。

損傷の程度は、 三段階に分類されます。

第Ⅰ度損傷は、 動揺性を生じない程度の靭帯損傷です。

第Ⅱ度損傷は、 軽度の動揺性が生じる部分損傷です。

第Ⅲ度損傷は、 靭帯が完全に断裂し半月板損傷などを合併するケースもあります。

関節内靱帯と関節外靱帯関節に分類され、関節外靱帯である側副靱帯は関節内靱帯に比べて治癒能力が高いため、単独損傷の場合には装具療法や活動度の制限により、スポーツ活動上でも問題ないレベルまでに回復することが多いです。

内側側副靭帯損傷のみの場合は、初期に適切な固定を行った場合は比較的安定しますが、前十字靭帯損傷を合併している場合は内側側副靭帯は緩みやすくなります。

内側側副靭帯損傷が緩むと、のちに半月板損傷を併発しやすくなります。

そのため、正確な診断が重要になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  2. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
  3. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
  4. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  5. 2017-5-6

    足裏チェックして姿勢を改善

    姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。…
ページ上部へ戻る