意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきことかもしれません。

水分摂取の代わりにジュースを多飲することで急性の糖尿病のような症状に陥る危険性があるのです。

これを「ペットボトル症候群」といい、ジュースやスポーツドリンクの継続的な摂取により高血糖状態になることが原因とされています。

高血糖では喉の渇きを訴えますが、普段水をジュースなどの清涼飲料水で代用している場合、喉の渇きをジュースで癒やそうとするため、それを更に加速させてしまいます。

糖尿病の既往がないために、何の心配もせず喉の渇きをジュースで癒やし、日に何度も繰り返すことで意識障害に陥るということも少なくありません。

水だけの摂取となるとときに辛いものになりますが、スポーツドリンクやジュースは糖分が多く含まれており、やはり多量の摂取は好ましくありません。

あくまで嗜好品というような位置づけで見たほうが良さそうです。

一日に何本も清涼飲料水を飲む方は少し水分摂取を見直してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-16

    東洋医学でいう五臓とは?

    東洋医学と西洋医学では、人体の内臓器官の表現が異なります。東洋医学の臓器名称は、単純に臓器を示す…
  2. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  3. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
  4. 2015-6-26

    アスリートの為のプロテイン摂取

    プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラ…
  5. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
ページ上部へ戻る