遊びの行動とアンドロゲン

先天性副腎過形成といって、遺伝的に副腎皮質ホルモンの合成酵素が欠損する病気があります。

この病気が女児に発症すると、出生前から大量のアンドロゲンの異常分泌が起こります。(アンドロゲンとは、生体内で働いているステロイドホルモンの一種です)

このような場合、正常な女児に比べてより「お転婆」な女の子になるといわれています。

また、遊びのパートナーとして女の子より男の子と好んで遊び、「ままごと」などを嫌う傾向にあります。

【副腎過形成の女児と正常な男児と女児との間で玩具の選好テスト】

男の子用の玩具として車や飛行機、女の子用の玩具として人形やままごとの道具、中間的なものとして本やゲームを与えてどの玩具を使って遊ぶのかというテストを行い、

それぞれの玩具で遊ぶじかんを調べた結果、副腎過形成の女児は男の子用の玩具を好み、女の子用の玩具を好まないことがわかりました。

両親が女の子用の玩具を好むように仕向けているにもかかわらず、男の子用の玩具を好むといった結果になったのは、玩具の選好が出生前のアンドロゲンの作用によって変えられたことを示します。

このように、幼児の遊びパターンの中には社会的・分化的な影響ばかりではなく、出生前のホルモンの影響を受ける部分があり、生まれたときは白紙ではなく、男女それぞれ薄く色分けされているように考えられています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-25

    「善玉」と「悪玉」って?

    以前、コレステロールについて、善も悪もないとお書きしましたが、「善玉」「悪玉」コレステロールとは何な…
  2. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  3. 2015-2-15

    サルコペニア対策は大丈夫?

    今日は加齢によって起こる「サルコペニア(加齢性筋萎縮症)」という問題について触れていきます。…
  4. 2015-5-17

    体温と代謝

    私たちの体温は通常37℃前後に一定に保たれています。これを内温性といいます。これに対…
  5. 2017-4-3

    プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるあ…
ページ上部へ戻る