睡眠は大脳を休息させるためにある

活動と休息のリズムはほとんどの生物にみられる現象である。
しかしながら、睡眠は単なる休息ではなく、発達した脳を持つ高等動物にだけみられる高度な総合機能であるとも言える。

睡眠は実は脳の進化とともに発達してきたといっても過言ではない。

特に進化の上で最も新しい脳、つまり大脳が大きくなるにつれて睡眠の役割は極めて重要になってきて、その仕組みは極めて複雑で精巧なものとなってきた。

大脳は莫大な数のニューロンの集合体である。
この大脳が膨大な情報を処理してくれている。

だが、大脳は極めてエネルギー消費量が高いので、連続運転するとオーバーヒートしやすいのだ。
また、酸欠に弱く、疲労しやすくもある。

そのため、大脳はずっと働かせるのではなく、休ませることが求められる。

これが睡眠である。

このように大脳は「眠る脳」でもあり、大脳の休息を調整する「眠らせる脳」にもなるのである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-26

    咀嚼と脳と健康

    咀嚼とは、噛む動作のことを言います。咀嚼筋は咬筋、側頭筋、内外翼突筋からなり、顎関節に作用し…
  2. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  3. 2017-5-12

    スポーツの場面での「かけ声」の効果

    身体活動と呼吸との間には密接な関連があります。一般的には吸気相では促通性に、呼気相では抑制性…
  4. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  5. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
ページ上部へ戻る