疲労の客観的な測定

今日は疲労の測定について書いていきます。

疲労の感じ方は本人の主観によるものですが、疲労の程度を客観的に測定する方法があります。

その中でも、代表的なものを2つ紹介していきます。

まず一つ目は、「ATMT(Advanced Trail Making Test)法」です。

これは、ある作業にかかる時間を測定して疲労をはかる方法で、液晶画面に散らばっている1から25までの数字を探してタッチしていくというものです。

健常者と慢性疲労を感じている人の測定結果を比べてみると、慢性疲労を感じている人の作業スピードは急激に低下したそうです。

このような設備はなかなかないと思うので、多少の誤差は出ると思いますが紙に1から25までの数字を書いたもので代用して計測してみてもよいかもしれません。

二つ目は「アクティグラフ」というものです。

これは測定者の手首に測定器をつけて、一日の活動量をはかるというものです。

文字を書くような小さな動きから移動の様子などの大きな動きまで測定ができます。

この測定の結果、健康な人は睡眠をとっているとき以外では活発に動いているのに対し、慢性疲労を感じている人は、健康な人と同じ時間寝ているにもかかわらず、一日の中で何度も睡眠をとり、起きているときの活動量も健康な人の約二分の一程度というデータも出ています。

疲労をこのように客観的に測定すると、健常者と慢性的な疲労を感じている人とでは、活動量や作業効率に大きな差が出ます。

単に疲れといっても、体の危険信号でもあります。

しっかりと、睡眠や食事、運動、そのほかのケアにも気を付けて、健康な生活を送りましょう!

ではまた!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  2. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  3. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  4. 2015-9-27

    運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れら…
  5. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
ページ上部へ戻る