疲労の客観的な測定

今日は疲労の測定について書いていきます。

疲労の感じ方は本人の主観によるものですが、疲労の程度を客観的に測定する方法があります。

その中でも、代表的なものを2つ紹介していきます。

まず一つ目は、「ATMT(Advanced Trail Making Test)法」です。

これは、ある作業にかかる時間を測定して疲労をはかる方法で、液晶画面に散らばっている1から25までの数字を探してタッチしていくというものです。

健常者と慢性疲労を感じている人の測定結果を比べてみると、慢性疲労を感じている人の作業スピードは急激に低下したそうです。

このような設備はなかなかないと思うので、多少の誤差は出ると思いますが紙に1から25までの数字を書いたもので代用して計測してみてもよいかもしれません。

二つ目は「アクティグラフ」というものです。

これは測定者の手首に測定器をつけて、一日の活動量をはかるというものです。

文字を書くような小さな動きから移動の様子などの大きな動きまで測定ができます。

この測定の結果、健康な人は睡眠をとっているとき以外では活発に動いているのに対し、慢性疲労を感じている人は、健康な人と同じ時間寝ているにもかかわらず、一日の中で何度も睡眠をとり、起きているときの活動量も健康な人の約二分の一程度というデータも出ています。

疲労をこのように客観的に測定すると、健常者と慢性的な疲労を感じている人とでは、活動量や作業効率に大きな差が出ます。

単に疲れといっても、体の危険信号でもあります。

しっかりと、睡眠や食事、運動、そのほかのケアにも気を付けて、健康な生活を送りましょう!

ではまた!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  2. 2017-2-4

    ケトルベルで筋肉のバランスを整える

    ケトルベルはダンベルやバーベルとは違い重量が一方向に偏っています。この特徴により、身体に高負…
  3. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
  4. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  5. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
ページ上部へ戻る