疲労の回復を促進するには?

前回は疲労の原因について書きましたが、今回は疲労の回復についてです。

疲労の原因は活性酸素が細胞にダメージを与えた際に発生する「疲労因子FF」の濃度が高まることと前回書きました。

では、「疲労因子FF」の濃度が高まるばかりではないか、というとそうではありません。

人間の体にはそれを増えたままにせずに、抑制させようとする仕組みが備わっています。

それが、「疲労回復物質FR(ファティーグ・リカバリー・ファクター)」です。

「疲労因子FF」の濃度が高まると、次第に「疲労回復物質FR」が発生します。

傷つけられた細胞の修復を促すという働きがあります。

疲れから回復するということは、傷ついた細胞の回復と考えられるため、この「疲労回復物質FR」の値が高ければ回復力が高いといえます。

「疲労回復物質FR」は「疲労因子FF」を出さずに作られることもあり「イミダペプチド」という抗酸化作用を持つアミノ酸を摂取することでも作られます。

「イミダペプチド」は動物の骨格筋に多く含まれ、特に、鳥の胸肉や、マグロ、カツオなどに多く含まれています。

ということは、食事や生活習慣を改善することで「疲労回復物質FR」を増やすことができれば疲労回復に繋がるということになります。

疲れていると感じた時は、お風呂にはいることや、睡眠と合わせて食事の際「イミダペプチド」を摂ることを意識してみてくださいね!

ではまた!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  2. 2015-11-7

    ミネラルの正体

    ミネラルというとイコール塩分といったイメージがありますが、実はそうではありません。普段、ミネ…
  3. 2015-6-16

    食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂…
  4. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
  5. 2014-12-4

    エネルギーを出し入れするホルモン

    ヒトのカラダは寝ても覚めても常にエネルギーを消費し続けています。だから、エネルギー源となるぶどう…
ページ上部へ戻る