発語「しゃべる」という能力って?

ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。

ヒトの大脳皮質には、「ブローカ野(運動性言語中枢)」と「ウェルニッケ野(感覚性言語中枢)」とがあります。

ブローカ野を損傷すると、言葉が頭に浮かんでもそれを声に出すことができなくなります。

またウェルニッケ野を損傷すると、聞いた言葉を理解できなくなります。

発声に関係する身体的な構造の面でも、ヒトはほかの哺乳類や霊長類とはことなる特徴を持っています。

気管の上につながる空気の通り道の筒を「喉頭」とよび、その先端は「咽頭」につながっています。

そして、喉頭の中央付近には、「声帯」というひだがあり、声帯の振動が音をつくりだします。

ヒトの場合、この音が口腔を通過する際に、舌やくちびる、歯によってさらに振動に変化があたえられ、多彩な音声をつくりだしています。

一方、ヒト以外の哺乳類の場合、喉頭の先端はヒトとくらべて高い位置にあり、鼻腔のすぐうしろまできています。

そのため、声帯でつくりだした空気の振動が鼻へ抜けてしまいます。

ヒト以外の哺乳類がほえたり、鳴いたりはできても、ヒトのような多彩な調音ができないのはそのためだといわれています。

ではなぜヒトの喉頭は下がったのでしょうか。

それは直立二足歩行にともなって脊柱が頭部の中央に寄り、さらに咀嚼機能な退化によって歯列が後退したため、
その間にはさまれたスペースが減少し、喉頭は下がらざるをえなくなったからだと考えられています。

簡単に説明しましたが、このようにしてヒトは言葉をあやつれるようになっているのです。

皆さん、普段何気なく使っているものに疑問を持ってみてはいかがでしょうか?

何か新しい「気づき」が見つかるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-12

    生活習慣病と運動

    Ⅰ型を除く糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症・肥満などが生活習慣病として挙げられます。こ…
  2. 2016-1-26

    エコノミークラス症候群について考える

    エコノミークラス症候群とは、海外旅行時などに、飛行機内で長時間同じ姿勢を取り続けることで起こる病気で…
  3. 2015-6-17

    脂肪蓄積と体内時計

    体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在していま…
  4. 2015-3-23

    感覚としてのカラダ

    感覚器官は外界の情報をキャッチし、逃げる、捕まえるといった生存に必要な動きを能率よく実行するのに役立…
  5. 2014-9-27

    脳の細胞

    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
ページ上部へ戻る