ご飯を食べるとよくウトウトして眠くなるといった経験は誰しも一度はあるかと思います。

正直気持ちいいですよね。

じゃあ、なぜご飯を食べると眠くなるのでしょうか??

食事をすることで血液中のブドウ糖の濃度が上昇します。(いわゆる血糖値が上がるということ)

食後に急に上昇する血糖値は当然下げなければいけません。

その働きを担っているのが膵臓から分泌されるインスリンです。

インスリンは基礎分泌といって肝臓からの糖の放出量と全身における糖の取り込み量を適合させる為に、常に一定量の分泌をしています。

それが食後の急激な血糖値上昇にともないインスリンが過剰に分泌され血糖値を下げすぎてしまい、ちょっとした低血糖状態になってしまいます。

ということは、脳のエネルギー源はブドウ糖なので、単純に考えて脳に必要なエネルギーの不足で思考が低下し眠たくなります。

それに、胃が働いている時は、副交感神経が優位になっている状態なので、体もリラックスしているので眠気が起きます。

昔はよく食べた後すぐ寝たら牛になるなんて言われてたけど、実は体にとってはすごく大事な時間なんだと思います。

食事の後の適度の休息を!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
  2. 2014-10-17

    食欲を考える!

    最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  3. 2017-9-16

    腱や靭帯と年齢について

    骨格の成熟度と加齢は、靭帯と腱のバイオメカニクス的性質に大きく影響します。一般に、引張強度、…
  4. 2015-6-20

    下行性疼痛抑制系とは

    アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは19…
  5. 2014-10-27

    体幹の安定性

    本日は『体幹部の安定性』について考えてみましょう。体幹部を安定させるためには、3つの要素が関…
ページ上部へ戻る