体脂肪、すなわち中性脂肪は英語で「トリグリセリド」と言います。

ある一定以上の運動をすると脳から「アドレナリン、ノルアドレナリン、成長ホルモン、テストステロン」などの多くのホルモンが分泌されます。

そうすると白色脂肪細胞の細胞膜にある「βアドレナリン受容体」が活性化します。

すると、細胞膜の内表面に存在するアデニル酸シクラーゼという酵素が活性し、ATPを元にcAMPを合成し、cAMPの依存性のプロテインキナーゼが活性化します。

このプロテインキナーゼが、脂肪を分解する「ホルモン感受性リパーゼ」という酵素を活性し、トリグリセリドは分解され「遊離脂肪酸」と「グリセロール」に分解されます。

ちなみに食事制限により脂肪が分解されるのは、空腹時に分泌されるホルモンである「グルカゴン」によりホルモン感受性リパーゼが活性化するからです。

しかし、グルカゴンは肝臓において糖新生を促すので、糖不足だと筋肉が代用材料になり、結果的に筋肉量の低下を引き起こし、基礎代謝の低下や消費カロリーの低下により、食事制限ダイエットがリバウンドするメカニズムの一つになります。

分解された遊離脂肪酸は血液中に放出され、アルブミンと結合して各組織の筋肉細胞内に【運搬】され取り込まれます。

細胞内に入った脂肪酸は、β酸化やクエン酸回路内で「エネルギー」となり【燃焼】されるのです。

当然、運動などでエネルギーが必要にならなければ、脂肪は燃焼されることはないので、せっかく『分解』され『運搬』された脂肪酸も、脂肪細胞に再度取り込まれてしまうのです。

【分解】【運搬】【燃焼】の過程を考えると、サウナやエステのみでは、水分代謝や美容の面では効果的ですが、脂肪は燃えないので、運動などの【燃焼】効果を加え、体脂肪減少に繋げましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  2. 2015-6-5

    腰椎分離症とは…

    背骨は、S字状の構造を持っていて上半身の重さと、着地した時の地面からの衝撃を分散…
  3. 2015-1-28

    食べてエネルギーを消費する。

    人は生きるうえでエネルギーを摂取したり消費したりします。消費エネルギーを増やすために運動をす…
  4. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
  5. 2017-1-4

    トレーニングで筋肉のバランスを改善

    腰痛に悩まされている方で、マッサージに行くけどまた腰が痛くなるという方多いと思います。腰痛の…
ページ上部へ戻る