体脂肪、すなわち中性脂肪は英語で「トリグリセリド」と言います。

ある一定以上の運動をすると脳から「アドレナリン、ノルアドレナリン、成長ホルモン、テストステロン」などの多くのホルモンが分泌されます。

そうすると白色脂肪細胞の細胞膜にある「βアドレナリン受容体」が活性化します。

すると、細胞膜の内表面に存在するアデニル酸シクラーゼという酵素が活性し、ATPを元にcAMPを合成し、cAMPの依存性のプロテインキナーゼが活性化します。

このプロテインキナーゼが、脂肪を分解する「ホルモン感受性リパーゼ」という酵素を活性し、トリグリセリドは分解され「遊離脂肪酸」と「グリセロール」に分解されます。

ちなみに食事制限により脂肪が分解されるのは、空腹時に分泌されるホルモンである「グルカゴン」によりホルモン感受性リパーゼが活性化するからです。

しかし、グルカゴンは肝臓において糖新生を促すので、糖不足だと筋肉が代用材料になり、結果的に筋肉量の低下を引き起こし、基礎代謝の低下や消費カロリーの低下により、食事制限ダイエットがリバウンドするメカニズムの一つになります。

分解された遊離脂肪酸は血液中に放出され、アルブミンと結合して各組織の筋肉細胞内に【運搬】され取り込まれます。

細胞内に入った脂肪酸は、β酸化やクエン酸回路内で「エネルギー」となり【燃焼】されるのです。

当然、運動などでエネルギーが必要にならなければ、脂肪は燃焼されることはないので、せっかく『分解』され『運搬』された脂肪酸も、脂肪細胞に再度取り込まれてしまうのです。

【分解】【運搬】【燃焼】の過程を考えると、サウナやエステのみでは、水分代謝や美容の面では効果的ですが、脂肪は燃えないので、運動などの【燃焼】効果を加え、体脂肪減少に繋げましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-5

    筋小胞体の機能低下による筋疲労とは

    筋が発揮する張力は筋形質内の遊離Ca2+濃度により制御されています。骨格筋では、筋小胞体がこ…
  2. 2014-12-20

    上肢の進化

    手の原器は魚類の胸鰭(むなびれ)であると考えられてきました。約2億5千万年前より生息すると考えら…
  3. 2016-11-26

    鵞足炎

    鵞足炎は、ランニングやジャンプ、切り返し動作などを繰り返すことにより、鵞足を形成する筋群に過度な負担…
  4. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
  5. 2016-1-10

    スポーツにおける腰痛とコアの筋構造

    スポーツにおける腰痛は性別・年代を問わず、あらゆる種目の競技者に頻発する障害です。そのなかでも、…
ページ上部へ戻る