脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、脂肪細胞は分裂して新たな脂肪細胞を作り出します。

この状態が進んだものが肥満というわけです。

逆に貯蔵する中性脂肪が減少しエネルギーとして使われていくと、脂肪細胞の数も減っていきます。

脂肪細胞に活力があるうちは分裂を繰り返しますが、肥満がかなり進行してしまうと脂肪細胞に分裂する力がなくなり、今度は脂肪細胞自体が膨らんで肥大化するようになります。

このような状態になってしまうと、元の状態に戻るのが難しくなってしまいます。

ですから、肥満が進行してからダイエットするのではなく、肥満になる前に予防することが大切なのです。
近年注目されていることとして、体内の機能を調節するホルモンは主に臓器などから分泌されていますが、実は脂肪細胞からもホルモン分泌が行われている事がわかってきました。

肉の脂身を想像してもそこからホルモンが分泌されるということはなかなか思えませんが、驚くほど多くのホルモンが分泌されていると言われています。

ただし、問題なのは脂肪細胞から分泌されるホルモンには体にいい働きをするものと悪い働きをするものがあるという事。

まず、体にいい働きをするホルモン(善玉サイトカイン)にはレプチンとアディポネクチンがあります。

レプチンは満腹中枢に働きかけて食欲を抑える働きがあり、アディポネクチンにはインスリン抵抗性を改善し、血圧や中性脂肪、血糖値などを低下させる働きがあります。

また、アディポネクチンには傷ついた血管壁を修復する働きもあるため動脈硬化の予防・改善に効果があり、心筋梗塞や脳梗塞など生活習慣病を減少させる物質として注目を集めています。

このアディポネクチンは小さな脂肪細胞から分泌されるため、肥満が進行した脂肪細胞では分泌量が減少してしまいます。

そのため、このアディポネクチンの分泌を促すためにも肥満を予防・改善する必要があります。
一方、体に悪い働きをするホルモン(悪玉サイトカイン)にPAI-1やHB-EGF、TNF-α、アンジオテンシノーゲンなどがあります。

これらの悪玉サイトカインは血管を収縮して血圧を上げたり、血栓をできやすくしたり、インスリン抵抗性を増したりする働きがあり、動脈硬化や糖尿病を進行させる原因になります。

これらは肥満が進行して肥大した脂肪細胞から活発に分泌されるほか、内臓脂肪が多い人ほど分泌量が増える事が確認されています。
脂肪細胞自体がホルモンを正しく分泌するためには、やはり脂肪細胞を肥大させないことがポイントになるわけです。

だからこそ、日々運動し消費エネルギーを高めることが重要になるんですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  2. 2015-2-27

    アクションポテンシャル

    ニューロンを含むすべての細胞は細胞膜で囲まれている。細胞膜には様々なイオンを選択的に通すイオンチ…
  3. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  4. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
  5. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
ページ上部へ戻る