今日は、スポーツ現場などでもよく見かけるテーピングについてです。

テーピングを巻かれたことはあるけれど、意味や、目的がわかっていなかったという方も多いのではないでしょうか。

テーピングには大きく分けて予防、応急処置、再発予防の三つの目的があります。

他にも、テープの種類によっては、筋発揮能力を向上させるようなものまであります。

予防では、コンディショニングだけではケガの予防が十分にできない足首や手首、指などの固定などに使用し、捻挫などのケガを未然に防ぐことを目的としています。

応急処置ではICE処置と並行してケガをした部位の固定や圧迫を目的としたテーピングになります。

三つめは再発予防のテーピングで、いまケガをしている人、もしくはケガをしていた人に対し同じケガの再発を防止するためのテーピングになります。

次に、テーピングの効果について説明していきます。

「特定の関節の動きを制限する」「靭帯や腱の補強」「圧迫を加える」「精神的な助け」などの効果があります。

特定の関節の動きが制限できることで、ケガの恐れのある肢位にならないようにするがスポーツ動作には影響がないというようなことが可能になります。

靭帯や腱の補強を行うことで、断裂などの外傷の予防につながります。

ケガ直後に圧迫を加えることで、内出血や腫れを抑えることができます。

テーピングをきれいに巻くと、ケガの再発の対する安心感から思い切りの良いプレーができる選手もいるようです。

このようにテーピングといっても目的や効果は様々です。

目的や効果を理解した上で、正しく使い分けたいですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  2. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  3. 2015-6-20

    下行性疼痛抑制系とは

    アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは19…
  4. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  5. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
ページ上部へ戻る