運動後のストレッチを行ってますか?

皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?

筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知されているであろうストレッチ。

「運動したあとはストレッチ」というのが当たり前とされています。

スポーツの世界では一般に、スポーツ活動後の疲労回復を促し、障害予防、パフォーマンスの維持・向上といった目的で実施されています。

しかし、ストレッチの実施率はそこまで高いものではありません。

その理由として、ストレッチの効果が十分に理解されていないためだと考えられます。

はたしてストレッチの筋疲労回復の効果は、どのくらいあるのでしょうか?

それについて、どの程度の効果があるかを明らかにするために、ストレッチ以外に安静臥位と軽運動を実施し比較検討した研究データがあります。

結果は、血中乳酸値の回復を除くすべての項目で軽運動が一番効果的であり、ストレッチは効果的ではない傾向を示しました。

血中乳酸値の回復についても、安静臥位と比較すると低い傾向にありますが、軽運動ほどの低下量は見られませんでした。

あくまでもこの研究においての結果ですが、運動後の筋疲労の速やかな回復という観点では、一般的に認識されているストレッチの効果を否定する結果になりました。

では、ストレッチは必要のないものなのでしょうか?

何故ストレッチは重要とされているのでしょうか?

この結果は激運動直後の筋疲労回復効果についてであり、ストレッチの全ての効果を否定するものではありません。

関節可動域の拡大や、柔軟性の向上による怪我の防止に役立ちますし、

副交感神経を優位にはたらかせリラックス効果を生み出すので、精神的な疲労の除去にも役立つでしょう。

ストレッチは疲れのもとになる疲労物質の除去効果もあるので、運動直後の筋疲労には軽運動、日常的な疲れにはストレッチと考えたほうがよさそうです。

実際にはスポーツ活動前後にジョギングなどの軽運動とストレッチの両方をおこなっている競技者がたくさんいます。

肉体的にも精神的にもリフレッシュし、疲れを取り除くとともに溜め込まないようにするためにも、やはりストレッチは必要なものだと思います。

皆さんも効果的に軽運動、ストレッチを取り入れて、翌日に疲れを残さないようにしましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
  2. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
  3. 2014-9-27

    頭痛にお悩みの方、群発頭痛って知ってますか?

    出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
ページ上部へ戻る