体のエネルギー源 (糖質)

糖質は、炭素・水素・酵素で構成される高分子化合物で、1gで4kcalになります。

この糖質と食物繊維を合わせたものが、炭水化物と呼ばれるものです。

私たちの体は、食物の糖質を最終的にグルコース(ブドウ糖)に分解し、エネルギーとして利用します。

いわゆる血糖値とは、血液中のブドウ糖濃度のことです。

主食であるごはんやパン、いも類などの糖質も体内でグルコースという、糖の最小単位(単糖)になります。

糖質は、グルコースの結合数により、単糖類、二糖類、多糖類に分類されますが、細胞のエネルギーに源となるのは、グルコースです。

単糖類 → グルコース  (ブドウ糖、最も重要な糖質)
フルクトース (果汁、はちみつなど)
ガラクトース (乳糖の構成成分)

二糖類 → マルトース (麦芽糖・デンプン分解時に生じる)
スクロース (ショ糖・グルコースと果糖の結合物質)
ラクトース (乳糖・グルコースとガラクトースの
結合物質)

多糖類 → デンプン   (植物性の貯蔵糖質)
グリコーゲン (動物性の貯蔵糖質)
デキストリン (デンプンがたくさんつながったもの)

体にとって糖質は、必要不可欠です。
しかも脂肪に比べて分解、吸収が早いので、即エネルギーとなります。
ですが、摂取量が多すぎると、脂肪組織に取り込まれ、肥満や脂肪肝を招きますので、摂りすぎには注意しましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
  2. 2015-1-16

    水素イオン濃度指数

    マッサージにはいろいろな効果があります。その中でも、今回は『筋疲労回復の効果』についてです。…
  3. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  4. 2015-1-12

    夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜…
  5. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
ページ上部へ戻る