体のエネルギー源 (糖質)

糖質は、炭素・水素・酵素で構成される高分子化合物で、1gで4kcalになります。

この糖質と食物繊維を合わせたものが、炭水化物と呼ばれるものです。

私たちの体は、食物の糖質を最終的にグルコース(ブドウ糖)に分解し、エネルギーとして利用します。

いわゆる血糖値とは、血液中のブドウ糖濃度のことです。

主食であるごはんやパン、いも類などの糖質も体内でグルコースという、糖の最小単位(単糖)になります。

糖質は、グルコースの結合数により、単糖類、二糖類、多糖類に分類されますが、細胞のエネルギーに源となるのは、グルコースです。

単糖類 → グルコース  (ブドウ糖、最も重要な糖質)
フルクトース (果汁、はちみつなど)
ガラクトース (乳糖の構成成分)

二糖類 → マルトース (麦芽糖・デンプン分解時に生じる)
スクロース (ショ糖・グルコースと果糖の結合物質)
ラクトース (乳糖・グルコースとガラクトースの
結合物質)

多糖類 → デンプン   (植物性の貯蔵糖質)
グリコーゲン (動物性の貯蔵糖質)
デキストリン (デンプンがたくさんつながったもの)

体にとって糖質は、必要不可欠です。
しかも脂肪に比べて分解、吸収が早いので、即エネルギーとなります。
ですが、摂取量が多すぎると、脂肪組織に取り込まれ、肥満や脂肪肝を招きますので、摂りすぎには注意しましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-15

    運動連鎖とは

    トレーニングやリハビリなどの運動療法の世界では、よく運動連鎖という概念が用いられます。運…
  2. 2015-4-25

    約60兆個もある細胞とは

    人間は約60兆個の細胞からできています。生体を構成する最小単位であり、種々の細胞は形態と…
  3. 2014-12-1

    ヒトの生命維持装置とも言えるホメオスタシス

    今日は、ホメオスタシスについてお話します。まずホメオスタシスとは?についてですが、簡単にいえ…
  4. 2017-2-21

    動きの大きさと発揮する力を左右する関節角度と可動域

    運動は、脳からの指令によって筋肉が収縮することによって骨が動かされ、関節の角度を変え起こるものです。…
  5. 2017-3-6

    運動連鎖を引き出すために

    運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を…
ページ上部へ戻る