今日は、運動前後の栄養補給について書いていきます。

先日、お客様より「運動した後はどんな食事が良いか」「シェイプアップ目的だけど運動前後は食べても良いか」という質問を受けました。

さて、どうなのでしょうか?

まず、運動前の栄養補給についてです。

運動前はやはり、運動に向けてのエネルギーを蓄えておかなければいけません。

運動中の主なエネルギーは、炭水化物と脂質であり、中でも炭水化物は脳の唯一のエネルギー源であるため、エネルギー源としての優先順位は高くなります。

炭水化物の摂取量の目安は運動強度や運動の目的によりさまざまです。

もし痩せたいというような目的であれば、運動前に炭水化物は取り過ぎないようにしなければなりません。

なぜなら、炭水化物を多く摂取することで脂質よりも炭水化物のほうがエネルギーとして使われやすくなってしまうため、脂肪燃焼が抑制されるためです。

対照的に、運動強度が高く、運動時間が長いという場合はエネルギー切れを防ぐためにも炭水化物を補給したほうが良いでしょう。

ですが、直前に食事を多くとりすぎると、運動時の筋活動に利用したい血液が胃などの消化器官に多く集まるので運動効果を落とすと言われています。

運動30分前など直前であれば消化吸収の良いゼリー飲料などがお勧めです。

運動前の食事で大切なことは「炭水化物などのエネルギー源は摂取するが、運動前に消化が終わっている」ということになります。

次に運動後の栄養補給についてです。

運動後は傷ついた筋の修復のためのたんぱく質の補給や、枯渇したエネルギーの補給として炭水化物を摂ったり、水分補給をしっかり行うことが大切になります。

まず、たんぱく質についてですが、たんぱく質は身体(筋肉)を作る重要な栄養素で、脂質、炭水化物とともに「3大栄養素」といわれています。

運動後に速やかにたんぱく質が補給されないと、傷ついた筋の修復が遅れたり、筋タンパクの分解が、合成より上回ったりします。

修復が遅れることでパフォーマンスの低下につながったり、筋タンパクが分解されることで、筋量の低下とともに、基礎代謝の低下に繋がるため、アスリートはもちろん、シェイプアップが目的の方にもぜひ摂取していただきたいと思います。

プロテインなど、サプリメントを上手に活用できると良いですね。

そして、運動中に減った体重はほとんどが水分といわれているため、しっかりと水分補給も行いましょう。

「水分を摂ると体重が増えて太る!」と気にする方もいらっしゃると思いますが、水分にカロリーはないため心配せず、十分な水分補給をしたほうがよいといえます。

さらに、運動を行うと、通常より多く酸素を取り込むため、身体が酸化状態になります。

なので、抗酸化作用のある、ビタミンA(うなぎ、レバーなど)ビタミンC(果実、緑黄色野菜など)ビタミンE(うなぎ、種実類)を食事に取り入れるのも運動効果をより引き出すとに繋がると思います。

皆さんもぜひ実践してみてください!

ではまた!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-6

    タメになる「豆」知識

    体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞い…
  2. 2014-10-6

    年をとったときに、脳を守るには?

    年をとった脳を健やかに保つのに一番効果的な方法って知ってますか?意外なんですが、答えは運動で…
  3. 2015-5-12

    自発的脱水とは

    かつては運動時に水分を補給すると、発汗量が増加し疲労の原因となると考えられ、また渇きに耐えることも運…
  4. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  5. 2014-12-17

    筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

    トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。…
ページ上部へ戻る