エネルギー源の糖質

動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し続けています。
このエネルギー源になるのが、まず糖質です。
二糖類以上の糖質の多くは消化器官で分解されてぶどう糖に変わり、全身の細胞で使われます。
もちろん、脂質も、そしてたんぱく質もエネルギー源として使われます。しかし真っ先に使われるのがぶどう糖なのです。

ぶどう糖は、生命維持に欠かせません。
脳は、エネルギー源の多くをぶどう糖に頼っていますし、全身の細胞に酸素を届ける血液中の赤血球は、ぶどう糖しか利用できないんです。
消化吸収されたぶどう糖は肝臓に入り、一部は、「グリコーゲン」と呼ぶ、ぶどう糖がいくつもつながった形となり、蓄えられます。

肝臓を通過したぶどう糖は全身に運ばれて使われますが、筋肉でもグリコーゲンに変わります。
肝臓には約100g、筋肉には約400gのグリコーゲンを蓄えておくことができます。

それでも余った分は、脂肪細胞や肝臓で中性脂肪として蓄えられます。
脂肪細胞への貯蔵量には、基本的に上限がありません。
だから食べ過ぎてしまうと、太るんですね。
このような、「糖を蓄えよ!」という指令は「インスリン」というホルモンが出しています。

生きていくうえで絶え間なく必要なエネルギーを補給するために、肝臓は毎分1.8~2.2㎎/kg(体重)のブドウ糖を血中に放出し続けています。
動いたり考えたりするためにプラスアルファでエネルギーが必要になったけれど、血中に十分なぶどう糖がない。

そんなときも肝臓は、蓄えていたグリコーゲンをぶどう糖に戻すほか、アミノ酸や、脂質に含まれるグリセロールを原料にぶどう糖を作り出すこともできるんです。

そんな大切なエネルギー源、ぶどう糖には“代役”がいない?
それでは困るので、肝臓では、中性脂肪が分解されてできた脂肪酸から「ケトン体」という物質を作り出します。
筋肉も脳も、エネルギー源としてケトン体を利用することができます。
じゃあ逆に、ぶどう糖がなくても、ケトン体があればそれでいいか。
この場合、ケトン体は酸性物質なので、増えすぎると血液が酸性に傾く「ケトアシドーシス」を起こします。
重症の場合、全身のさまざまな機能が低下します。
やはり基本のエネルギー源はぶどう糖で、ケトン体はピンチヒッターといったところでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  2. 2017-4-1

    パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例…
  3. 2016-12-1

    スポーツ歯科の重要性

    なぜ、一流のスポーツ選手は歯を大切にするのでしょうか?それは歯と運動能力には密接な関係があるから…
  4. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトア」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  5. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
ページ上部へ戻る