腰椎骨盤リズムという言葉をご存知でしょうか。

これは、股関節の屈曲伸展を行う場合に、腰椎と骨盤が連動して動くということを表したものになります。

例を挙げると立位体前屈(立位から、地面に手を伸ばしていく動作)を行った際に、腰椎が40°、骨盤が70°という組み合わせで動くといわれています。

そして、正常に動作するときは、腰椎が先に屈曲し始め、次に骨盤が屈曲し始めます。

起き上がるときは骨盤が先に伸展し始め、腰椎が続いて伸展し始めます。

この際、股関節の可動域制限により腰椎の過度な屈曲が起きたり、腰椎の可動域制限により股関節の過度な屈曲が起きると異常だといえます。

股関節の可動域制限がある場合、腰椎で過剰な代償動作が起きるため、第十二胸椎と第一腰椎の間か、第五腰椎と仙骨の間に疼痛が起きたり、腰椎の可動域制限がある場合、股関節で過剰な代償が起きるため、股関節の変形や痛みを生じることがあるようです。

このように腰椎骨盤リズムが悪いと腰痛や股関節痛に繋がることもあるようです。

異常なリズムの対処として、股関節の屈曲制限に対してハムストリングスや殿筋のストレッチを行ったり、腰椎の可動域を出すために腰背部のストレッチやキャット&ドッグなどのエクササイズを行うことで、リズムの改善になるかもしれません。

骨盤の前後傾や脊柱の湾曲のチェックにプラスしてこのような動作チェックも気にしてみると、腰痛の改善や姿勢の改善に繋がるかもしれませんね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-5-17

    呼吸の機能と呼吸機能不全

    呼吸は生きるために一定のリズムを繰り返して行われるもので、その機能は脳幹の延髄で制御されています。…
  2. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  3. 2015-1-12

    夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜…
  4. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
  5. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
ページ上部へ戻る