骨盤と運動

腰痛改善のためにスポーツクラブへ通っているが、なかなか腰痛が治らないという方がいらっしゃるかもしれません。

それはなぜなのか、姿勢(骨盤)を中心に考えてみました。

まずは、骨盤の構造について簡単に説明します。

骨盤とは、大腿骨と脊柱の間にあり、寛骨、仙骨、尾骨から構成されています。

寛骨はさらに、腸骨、恥骨、坐骨からなっており、成長の過程で癒合していきます。

そして、骨盤(仙骨)の上に脊柱があり、下には大腿骨がつながっています。

このように、上肢や体幹を支え、下肢もつながっているとなると、骨盤の傾きが悪かったり歪んでいたりすると、姿勢に大きく影響を与えることは想像がつくと思います。

では、正しい骨盤の傾斜とはどれくらいなのでしょうか。

一般的には、上前腸骨棘と上後腸骨棘の高さが手の指二本から二本半の幅であると正常だといわれています。

骨盤のニュートラルとは、背中から骨盤がまっすぐではなく、実際は前にかたむいています。

実際に現場でお客様に「きれいな姿勢をとってください」と言うと、骨盤もまっすぐ、背中もまっすぐで脊柱から骨盤まで一本の柱のようになってしまう方も多いようです。

これをフラットバックと言い、まっすぐで一見、良いように見えますが、脊柱に垂直方向に負担がかかったりするため、良くない姿勢だといわれています。

「背筋を伸ばして」、「腰を反らないで」、「猫背にもならないで」というアドバイスをしっかり守ろうとした結果だとおもいます。

このように、自分自身の骨盤や脊柱の位置関係や構造がわからずに、そのまま運動を続けていると、動けば動くほど悪くなってしまうかもしれません。

腰痛だからと言って、姿勢を見てすぐに骨盤の前後傾に対するアプローチに入ってしまいがちですが、骨格模型などで、正しい骨盤や脊柱の位置関係を把握して行うことができると、より運動効果を引き出し、腰痛などの良い改善方法になるかもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  2. 2015-9-23

    internal impingementのメカニズム

    肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal …
  3. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  4. 2017-1-25

    メカニカルストレス

    メカニカルストレスとは、「力学的ストレス」のことで、何かを持ち上げたり引っ張ったりするときに筋肉や腱…
  5. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
ページ上部へ戻る