皮膚構造(真皮)

皮膚構造の第2弾、今回は真皮についてです。

皮膚の3層構造の一つ真皮は、表皮の下にある層で、解剖学的には乳頭層、乳頭下、網状層に分けられます。

表皮とは細胞密度に違いがあり、表皮細胞が詰まるように存在する表皮と比べると、真皮は細胞がまばらに存在する構造をしています。

真皮は、およそ90%以上が細胞外マトリックスによって構成されていて、その主成分は線維芽細胞によって産出されるコラーゲン(膠原線維)で、真皮の70%を占めています。

さらに線維芽細胞はエラスチン(弾性繊維)、ヒアルロン酸を産出して、真皮層内に網状の構造を構築し、ハリと弾力を持った強い柱を作り出します。

発生的には、真皮層は筋肉や脊椎、骨、血管内壁など人体の形を形成する細胞群と同じ中胚葉から派生しています。

なので、筋肉や骨が人体の形を形成し、形により見た目に老いや若さが感じられるように、真皮層は皮膚表面の形や表情を形成し、老いや若さを表現します。

ということは、顔のたるみ、色、つや、ハリの衰えは真皮層の劣化によって起こる老化現象といえます。

さらに真皮層には、リンパ球やマクロファージなどの免疫細胞、感覚受容器や神経終末、皮脂や汗の分泌線、毛包、血管やリンパ管があり、神経終末には、触覚、圧覚、痛覚、温覚、冷覚といった知覚作用があります。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-10

    筋弱化が起こる要因

    筋弱化が起こる要因としては●硬さによる筋弱化使いすぎ(過用)や外傷によって筋が硬くなるこ…
  2. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  3. 2014-10-17

    食欲を考える!

    最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  4. 2015-6-16

    食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂…
  5. 2016-4-15

    筋収縮による筋の伸張性低下

    上腕二頭筋に筋収縮が生じている際に他動的に肘関節を伸展しようとしても簡単には伸展できないように、筋収…
ページ上部へ戻る