皮膚構造(真皮)

皮膚構造の第2弾、今回は真皮についてです。

皮膚の3層構造の一つ真皮は、表皮の下にある層で、解剖学的には乳頭層、乳頭下、網状層に分けられます。

表皮とは細胞密度に違いがあり、表皮細胞が詰まるように存在する表皮と比べると、真皮は細胞がまばらに存在する構造をしています。

真皮は、およそ90%以上が細胞外マトリックスによって構成されていて、その主成分は線維芽細胞によって産出されるコラーゲン(膠原線維)で、真皮の70%を占めています。

さらに線維芽細胞はエラスチン(弾性繊維)、ヒアルロン酸を産出して、真皮層内に網状の構造を構築し、ハリと弾力を持った強い柱を作り出します。

発生的には、真皮層は筋肉や脊椎、骨、血管内壁など人体の形を形成する細胞群と同じ中胚葉から派生しています。

なので、筋肉や骨が人体の形を形成し、形により見た目に老いや若さが感じられるように、真皮層は皮膚表面の形や表情を形成し、老いや若さを表現します。

ということは、顔のたるみ、色、つや、ハリの衰えは真皮層の劣化によって起こる老化現象といえます。

さらに真皮層には、リンパ球やマクロファージなどの免疫細胞、感覚受容器や神経終末、皮脂や汗の分泌線、毛包、血管やリンパ管があり、神経終末には、触覚、圧覚、痛覚、温覚、冷覚といった知覚作用があります。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  2. 2015-5-17

    体温と代謝

    私たちの体温は通常37℃前後に一定に保たれています。これを内温性といいます。これに対…
  3. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  4. 2015-5-23

    AMPK(AMP活性プロテインキナーゼ)とは

    細胞の中ではさまざまな種類の酵素が生きるための仕事を役割分担しながら行っています。AMPKは…
  5. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
ページ上部へ戻る