皮膚構造(真皮)

皮膚構造の第2弾、今回は真皮についてです。

皮膚の3層構造の一つ真皮は、表皮の下にある層で、解剖学的には乳頭層、乳頭下、網状層に分けられます。

表皮とは細胞密度に違いがあり、表皮細胞が詰まるように存在する表皮と比べると、真皮は細胞がまばらに存在する構造をしています。

真皮は、およそ90%以上が細胞外マトリックスによって構成されていて、その主成分は線維芽細胞によって産出されるコラーゲン(膠原線維)で、真皮の70%を占めています。

さらに線維芽細胞はエラスチン(弾性繊維)、ヒアルロン酸を産出して、真皮層内に網状の構造を構築し、ハリと弾力を持った強い柱を作り出します。

発生的には、真皮層は筋肉や脊椎、骨、血管内壁など人体の形を形成する細胞群と同じ中胚葉から派生しています。

なので、筋肉や骨が人体の形を形成し、形により見た目に老いや若さが感じられるように、真皮層は皮膚表面の形や表情を形成し、老いや若さを表現します。

ということは、顔のたるみ、色、つや、ハリの衰えは真皮層の劣化によって起こる老化現象といえます。

さらに真皮層には、リンパ球やマクロファージなどの免疫細胞、感覚受容器や神経終末、皮脂や汗の分泌線、毛包、血管やリンパ管があり、神経終末には、触覚、圧覚、痛覚、温覚、冷覚といった知覚作用があります。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  2. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  3. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  4. 2015-1-12

    夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜…
  5. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
ページ上部へ戻る