皮膚構造(表皮)

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、人体でもっとも広い表面積をもつ器官です。

面積でいうと成人の皮膚は約1.6㎡(畳一枚分)といわれていて、重さは約3kgもあります。

その中でも表皮は、最も外側に位置していて、外界との接点になっています。

厚さはわずか0.06~0.2㎜ほどしかありません。

深部から基底層、有棘層、顆粒層、角質層とよばれる層を形成しています。

表皮は、ほとんどがケラチノサイト(表皮角化細胞)という細胞によって構成されている他に、免疫の機能を担っている細胞も存在しています。

表皮の面白いところは、ケラチノサイトが一番底の基底層で細胞分裂して、増殖し、だんだんと表面に向かって押し出される間に形態や性質を変化させ、分化しながら移動することです。

基底層は、表皮の最下層で、1層の細胞からなり、約20日ごとに分裂して、2個に分かれた細胞の1つが上昇し有棘細胞へと分化します。

有棘層は、5~10の細胞からなり、上昇しながら扁平化していきます。

顆粒層は、2~3層の細胞からなり、さらに扁平化した細胞で、外来物質の侵入を防ぐバリア機能としても働きます。

角質層(角層)は、最も外側に位置する細胞層で、すでに核が抜け落ちて死んでしまった抜け殻のような構造です。

角質細胞の内部は周辺帯(コーニフェイド・エンベロープ)という固いたんぱく質の殻と天然保湿因子と呼ばれるアミノ酸、細胞間はセラミドなどの角質細胞間脂質などで構成されていて、強固なバリア機能を形成しています。

こういった表皮内での細胞の活動があるからこそ私たちは、正常な皮膚を保つことができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  2. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  3. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  4. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  5. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
ページ上部へ戻る