進化と種の繁栄

脊椎動物の祖先は水中で暮らす魚類だったとされている。
魚の一部が陸地で暮らすことができるようになり、両生類が現れた。
そして、両生類に一部からは陸上の生活により適応した爬虫類と哺乳類が進化した。

爬虫類の中でもっとも繁栄したと言われる恐竜類はそのほとんどが滅びてしまったが、一部は鳥類へと姿を進化させ現在も繁栄を続けている。
哺乳類は陸地のほとんどを埋め尽くし、住む場所が少なくなってきたのか、イルカやクジラなど再び海に戻る種も現れた。

このように進化はある目標地点を目指しているわけではないのである。
海が狭く陸に餌が豊富にあったなら陸へと進出する種が進化し、逆に陸地が住みにくくなればまた海に戻る種が進化するということもある。
進化とはこのようにそのときの様々な状況に応じ、場当たり的に起こるものであって環境が進化した種を選択した結果とも言える。

長い進化の過程の中で”ヒト”が誕生したのはまだつい先日のこと。
ヒトはこれからどのような環境下で、どのような進化を遂げていくのだろうか?
環境の変化と我々ヒトの進化は今後も深く結びついていくのであろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
  2. 2015-6-29

    筋タンパクの同化と異化について

    筋タンパクにおけるタンパク質の同化と異化のパランスは、筋力の維持、余剰になったエネルギーの貯蔵・管理…
  3. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
  4. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
  5. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
ページ上部へ戻る