進化と種の繁栄

脊椎動物の祖先は水中で暮らす魚類だったとされている。
魚の一部が陸地で暮らすことができるようになり、両生類が現れた。
そして、両生類に一部からは陸上の生活により適応した爬虫類と哺乳類が進化した。

爬虫類の中でもっとも繁栄したと言われる恐竜類はそのほとんどが滅びてしまったが、一部は鳥類へと姿を進化させ現在も繁栄を続けている。
哺乳類は陸地のほとんどを埋め尽くし、住む場所が少なくなってきたのか、イルカやクジラなど再び海に戻る種も現れた。

このように進化はある目標地点を目指しているわけではないのである。
海が狭く陸に餌が豊富にあったなら陸へと進出する種が進化し、逆に陸地が住みにくくなればまた海に戻る種が進化するということもある。
進化とはこのようにそのときの様々な状況に応じ、場当たり的に起こるものであって環境が進化した種を選択した結果とも言える。

長い進化の過程の中で”ヒト”が誕生したのはまだつい先日のこと。
ヒトはこれからどのような環境下で、どのような進化を遂げていくのだろうか?
環境の変化と我々ヒトの進化は今後も深く結びついていくのであろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  2. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  3. 2015-6-12

    アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをい…
  4. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  5. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
ページ上部へ戻る