進化と種の繁栄

脊椎動物の祖先は水中で暮らす魚類だったとされている。
魚の一部が陸地で暮らすことができるようになり、両生類が現れた。
そして、両生類に一部からは陸上の生活により適応した爬虫類と哺乳類が進化した。

爬虫類の中でもっとも繁栄したと言われる恐竜類はそのほとんどが滅びてしまったが、一部は鳥類へと姿を進化させ現在も繁栄を続けている。
哺乳類は陸地のほとんどを埋め尽くし、住む場所が少なくなってきたのか、イルカやクジラなど再び海に戻る種も現れた。

このように進化はある目標地点を目指しているわけではないのである。
海が狭く陸に餌が豊富にあったなら陸へと進出する種が進化し、逆に陸地が住みにくくなればまた海に戻る種が進化するということもある。
進化とはこのようにそのときの様々な状況に応じ、場当たり的に起こるものであって環境が進化した種を選択した結果とも言える。

長い進化の過程の中で”ヒト”が誕生したのはまだつい先日のこと。
ヒトはこれからどのような環境下で、どのような進化を遂げていくのだろうか?
環境の変化と我々ヒトの進化は今後も深く結びついていくのであろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  2. 2015-5-12

    自発的脱水とは

    かつては運動時に水分を補給すると、発汗量が増加し疲労の原因となると考えられ、また渇きに耐えることも運…
  3. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-4-3

    プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるあ…
ページ上部へ戻る