元来、動植物には、光周性という日照時間の変化により生理機能を変化させるという性質を持っています。

たとえば動物においては、繁殖、渡り、冬眠、換羽(換毛)があります。

この光周性には、光を感じやすい位相があり、その位相には周期性があることが分かっています。

その光感受性の周期はおよそ24時間周期であり内因性の概日時計によって調節されることが明らかになっています。

光周性の制御部位は脳の視床下部内側基底部であり、光周性の制御には視床下部への甲状腺刺激ホルモンの作用が重要になります。

冬が明け、春になり昼の時間が長くなると、春の長日条件により脳下垂体隆起葉から産生された甲状腺刺激ホルモンが視床下部に作用し、光周性をコントロールすると共に、性腺の発達が促されます。

春は多くの動物の繁殖の時期ですが、こういった動物の季節性の行動変化は日照時間の変化がもたらしており、その発端となるのが下垂体隆起葉から産生された甲状腺刺激ホルモンが視床下部に作用することであり、それは春の季節変化がもたらすものであるということです。

我々人間にとっては、春になることはほんの小さな出来事かもしれませんが、動物界では非常に大きな意味を持つものだということですね。

ちなみに人間には明瞭な光周性はありませんが、季節性感情障害の治療において光周性からのアプローチが有効だとされています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-27

    ムーブメントスキルを考える上で大切な3つの概念

    傷害予防やパフーマンス向上のを達成するためには、ムーブメントスキルの向上が不可欠です。ムーブ…
  2. 2016-12-19

    ピリオダイゼーション

    スポーツ選手が1年のうちで最も重要な試合に自分のコンディションがピークの状態で望むためにトレーニング…
  3. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
  4. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  5. 2015-5-7

    食事の摂取に関するポイント

    カロリーや栄養バランスを管理することも、体重の増減や生活習慣病などに関わってくるので、食事の習慣とし…
ページ上部へ戻る