元来、動植物には、光周性という日照時間の変化により生理機能を変化させるという性質を持っています。

たとえば動物においては、繁殖、渡り、冬眠、換羽(換毛)があります。

この光周性には、光を感じやすい位相があり、その位相には周期性があることが分かっています。

その光感受性の周期はおよそ24時間周期であり内因性の概日時計によって調節されることが明らかになっています。

光周性の制御部位は脳の視床下部内側基底部であり、光周性の制御には視床下部への甲状腺刺激ホルモンの作用が重要になります。

冬が明け、春になり昼の時間が長くなると、春の長日条件により脳下垂体隆起葉から産生された甲状腺刺激ホルモンが視床下部に作用し、光周性をコントロールすると共に、性腺の発達が促されます。

春は多くの動物の繁殖の時期ですが、こういった動物の季節性の行動変化は日照時間の変化がもたらしており、その発端となるのが下垂体隆起葉から産生された甲状腺刺激ホルモンが視床下部に作用することであり、それは春の季節変化がもたらすものであるということです。

我々人間にとっては、春になることはほんの小さな出来事かもしれませんが、動物界では非常に大きな意味を持つものだということですね。

ちなみに人間には明瞭な光周性はありませんが、季節性感情障害の治療において光周性からのアプローチが有効だとされています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  2. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
  3. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
  4. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
  5. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
ページ上部へ戻る