元来、動植物には、光周性という日照時間の変化により生理機能を変化させるという性質を持っています。

たとえば動物においては、繁殖、渡り、冬眠、換羽(換毛)があります。

この光周性には、光を感じやすい位相があり、その位相には周期性があることが分かっています。

その光感受性の周期はおよそ24時間周期であり内因性の概日時計によって調節されることが明らかになっています。

光周性の制御部位は脳の視床下部内側基底部であり、光周性の制御には視床下部への甲状腺刺激ホルモンの作用が重要になります。

冬が明け、春になり昼の時間が長くなると、春の長日条件により脳下垂体隆起葉から産生された甲状腺刺激ホルモンが視床下部に作用し、光周性をコントロールすると共に、性腺の発達が促されます。

春は多くの動物の繁殖の時期ですが、こういった動物の季節性の行動変化は日照時間の変化がもたらしており、その発端となるのが下垂体隆起葉から産生された甲状腺刺激ホルモンが視床下部に作用することであり、それは春の季節変化がもたらすものであるということです。

我々人間にとっては、春になることはほんの小さな出来事かもしれませんが、動物界では非常に大きな意味を持つものだということですね。

ちなみに人間には明瞭な光周性はありませんが、季節性感情障害の治療において光周性からのアプローチが有効だとされています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-1

    コンパートメント症候群の急性症状と慢性症状

    コンパートメント症候群は、コンパートメント内の圧力が局所の動脈圧を超えた状態で発生し、筋および神経の…
  2. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
  3. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  4. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
  5. 2015-7-7

    神経新生と二つの因子

    神経新生とは新しく神経細胞が生まれる現象です。20世紀にラモニ・カハールによりニューロン説が…
ページ上部へ戻る