胸郭コンディショニング

胸郭は肋骨と、胸骨と、胸椎とで構成されています。

胸郭は鎧のような形をしていて上方と下方に出口と入り口の空間があり、小さい上方空間は首・上肢との連絡道を提供し、下方の大きな空間は横隔膜でシールされています。

肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮動肋(最後二対の肋骨は胸骨とはつながってなく、浮いている状態)を除き、胸骨に直接、又は間接的に軟骨を介してつながっています。

肋骨は上方、下方、浮動肋(第11、12肋骨)の3つの部位に分けられ、それぞれに特徴的な動きをします。

1. ポンプハンドル運動:上方部の肋骨の動きで、胸郭前後の奥行きが広がります。

2. バケツハンドル運動:下方部の肋骨の動きで、胸郭の横幅が広がります。

3. キャリパー運動:浮動肋の動きで、キャリパーの手のように動きます。

特に下位肋骨は、肋骨と胸椎とが形成する肋横突関節・肋椎関節の運動学的な特性により、キャリパー運動を起こします。

このキャリパー運動とは、呼吸の吸気時は横径拡張、呼気時には横径縮小する運動のことです。

吸気時の横径拡張は、胸椎の正常な伸展可動域を得る為の必須条件です。

下位肋骨の運動は、関節運動の異常、胸郭全体扁平化、胸郭周囲の過緊張などによってキャリパー運動ではなくバケツハンドル運動に変容する場合があり、

その場合は、胸郭全体がバケツハンドル運動となり、胸椎伸展可動域が制限され、腰椎への運動学的負荷が増大します。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-24

    コレステロールって悪いもの?

    皆さん、コレステロールについてどういうイメージをお持ちですか?多くの方がコレステロールは身体…
  2. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  3. 2016-6-14

    動作のフィードバックと運動ニューロン

    ヒトは筋肉を動かすことで身体運動を可能にしています。筋肉はすべて神経によってコントロール…
  4. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  5. 2015-3-25

    ひとりごとも良いものです。

    日常生活の中でよくひとりごとを言う方もいることでしょう。大抵は特に意味の持たない言葉ですが、…
ページ上部へ戻る