胸郭コンディショニング

胸郭は肋骨と、胸骨と、胸椎とで構成されています。

胸郭は鎧のような形をしていて上方と下方に出口と入り口の空間があり、小さい上方空間は首・上肢との連絡道を提供し、下方の大きな空間は横隔膜でシールされています。

肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮動肋(最後二対の肋骨は胸骨とはつながってなく、浮いている状態)を除き、胸骨に直接、又は間接的に軟骨を介してつながっています。

肋骨は上方、下方、浮動肋(第11、12肋骨)の3つの部位に分けられ、それぞれに特徴的な動きをします。

1. ポンプハンドル運動:上方部の肋骨の動きで、胸郭前後の奥行きが広がります。

2. バケツハンドル運動:下方部の肋骨の動きで、胸郭の横幅が広がります。

3. キャリパー運動:浮動肋の動きで、キャリパーの手のように動きます。

特に下位肋骨は、肋骨と胸椎とが形成する肋横突関節・肋椎関節の運動学的な特性により、キャリパー運動を起こします。

このキャリパー運動とは、呼吸の吸気時は横径拡張、呼気時には横径縮小する運動のことです。

吸気時の横径拡張は、胸椎の正常な伸展可動域を得る為の必須条件です。

下位肋骨の運動は、関節運動の異常、胸郭全体扁平化、胸郭周囲の過緊張などによってキャリパー運動ではなくバケツハンドル運動に変容する場合があり、

その場合は、胸郭全体がバケツハンドル運動となり、胸椎伸展可動域が制限され、腰椎への運動学的負荷が増大します。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-30

    1億画素の網膜

    眼はものをみるとき、光を受け取っています。外からの光は、瞳孔の縮小と散大によって調節され網膜…
  2. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  3. 2015-1-14

    水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

    運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまい…
  4. 2015-12-6

    音楽の嗜好性

    人はそれぞれさまざまな好みをもちます。音楽も例外ではありません。一口に音楽の好みとい…
  5. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
ページ上部へ戻る