骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。
骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨と仙骨の3つであり、これらを連結するため左右の仙腸関節と恥骨結合が存在する。
正常な仙腸関節の可動性は並進で0.5mm~1.6mm、回転で1~4°程度である。

それぞれの関節が独立して動くことはなく、各関節が骨盤輪内で連動して動く。
すなわち、1つの関節がアライメント変化を起こすと、他の2つの骨も位置関係を変え、骨盤輪全体のアライメントに変化が生じる。
これは男女ともに、運動習慣、下肢・体幹のアライメント、柔軟性低下、筋活動などの影響を受けて変化する。
さらに女性の骨盤の可動性はホルモン周期や妊娠・出産の影響で増減するといわれている。
結果として、骨盤のアライメント異状が認められるのである。
骨盤自体のゆがみは基本的に”仙骨前傾”の状態である「ニューテーション」と”仙骨後傾”である「カウンターニューテーション」の2つを評価することが大切である。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-4

    トレーニングで筋肉のバランスを改善

    腰痛に悩まされている方で、マッサージに行くけどまた腰が痛くなるという方多いと思います。腰痛の…
  2. 2014-9-28

    適度な運動はストレスに強い脳を作る!

    適度な運動は、健康な身体づくりに欠かせませんが、最近の研究では、運動が人にもたらすメリットはそれだけ…
  3. 2015-7-4

    免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

    T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。このパ…
  4. 2015-6-12

    神経系と反射弓

    神経系の機能の本質は、刺激を末梢から中枢に導き、興奮を中枢から末梢に伝えることにあります。こ…
  5. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
ページ上部へ戻る