骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。
骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨と仙骨の3つであり、これらを連結するため左右の仙腸関節と恥骨結合が存在する。
正常な仙腸関節の可動性は並進で0.5mm~1.6mm、回転で1~4°程度である。

それぞれの関節が独立して動くことはなく、各関節が骨盤輪内で連動して動く。
すなわち、1つの関節がアライメント変化を起こすと、他の2つの骨も位置関係を変え、骨盤輪全体のアライメントに変化が生じる。
これは男女ともに、運動習慣、下肢・体幹のアライメント、柔軟性低下、筋活動などの影響を受けて変化する。
さらに女性の骨盤の可動性はホルモン周期や妊娠・出産の影響で増減するといわれている。
結果として、骨盤のアライメント異状が認められるのである。
骨盤自体のゆがみは基本的に”仙骨前傾”の状態である「ニューテーション」と”仙骨後傾”である「カウンターニューテーション」の2つを評価することが大切である。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  2. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  3. 2015-1-14

    水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

    運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまい…
  4. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  5. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
ページ上部へ戻る