筋力低下のひとつの理由として、筋の筋節構造のなかの収縮要素であるアクチンとミオシンの数が減少することがあります。

筋肉の萎縮は多くの場合、収縮時や触診時でも痛みを伴わず、筋肉に抵抗運動負荷がかからなくなると萎縮が起こります。

なぜ起こるかというと、並列の筋節の数が少なくなり、そして直列の筋節の数もその並列のものほどではないが少なくなり、結合組織の量が少なるなることで起こります。

筋節の数が少なくなり、結合組織の量が少なくなると、筋肉の自動的と他動的な張力に影響を及ぼします。
また、関連している関節の動的、静的な指示に影響を与えます。
その結果、自動的なトルクを筋肉が発揮する能力弱くなり、その筋肉によってコントロールされている関節の安定性が低下します。

足関節を例に例えると、腓骨筋群に筋力低下が起こると外反が弱下し、内反を制限する他動的な安定性も低下します。

筋肉の他動的な張力もまた関節のアライメントに影響を与えます。

萎縮は収縮要素が減少するということなので、筋肉の断面積とその固さが筋力を評価する一つの指標となります。

健常者やスポーツ選手であっても、筋肉のパフォーマンスに欠陥があることもあります。
欠陥が生じたのは、その個人独特の構造や活動の仕方に微妙な違いがあり、それが筋肉の働きに影響を及ぼすからです。

身体の運動パターンがある特定の筋力低下に関与していることが多くあります。
変容した身体の運動パターンとそれに伴う特定の筋力低下に対する改善には、身体の運動パターンを改善することが必要であり、ただ筋力低下のある筋肉を強化するだけではなく、その動きに関与する筋肉をバランスよく強化していくことが必要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  2. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  3. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  4. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
  5. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
ページ上部へ戻る