骨を鳴らすと太くなる?

皆さんのなかにもついつい無意識に指や首の骨をポキポキ鳴らしてしまう方がいると思います。

このとき、骨、関節内では何が起きているのかをお話します。

骨を鳴らしたときにでるこの音の正体は関節包内で起きた衝撃波だといいます。

関節包とは、関節を包む結合組織で、外側が線維性、内側が滑膜で構成されています。

この関節包内には空間があり、これを関節腔といいます。

この関節腔は、滑膜から産生される滑液という液体で満たされています。

関節を曲げると、伸ばされる側の関節包の内部圧力が下がり、状態変化により滑液の中に気泡が発生します。

逆に、縮められる側の圧力は上がります。

関節をさらに曲げていくと、圧力が高まった関節包内の滑液が、圧力の低い方に流れ込みます。

すると関節包内部の圧力が上昇し、気泡が消滅します。

その時の気泡音が衝撃波となって、関節包近辺の骨や靭帯・筋肉などを振動させ、ポキポキという音を発生します。

その衝撃は、骨や靭帯に損傷を与えることもあり、損傷を受けた骨や靭帯は、修復する際に肥厚(異常に厚くなった状態)を起こします。

つまりポキポキと鳴らし続けると、そのたびに損傷し、修復しようとする力が働き、軟骨が肥厚することになります。

クセになって無意識のうちにやってしまいがちですし、硬くなった関節周囲のストレッチで心地良いと感じたり、音そのものが脳に快感を与えているという説もありますが、あまり鳴らしすぎないように、ほどほどにしておいたほうが良さそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-15

    筋収縮による筋の伸張性低下

    上腕二頭筋に筋収縮が生じている際に他動的に肘関節を伸展しようとしても簡単には伸展できないように、筋収…
  2. 2017-2-14

    持久力の種類

    ひとくちに持久力といってもいくつかの種類があります。1つは、「有酸素性持久力」であり、これは…
  3. 2017-4-30

    大きな力を出させない身体のしくみ

    スポーツや生活の中で大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。その中で身体を守るため…
  4. 2015-11-29

    糖代謝と血糖調節機構

    生命の維持にはエネルギーの獲得が必要であり、糖質は生体にとってもっとも重要なエネルギー源になります。…
  5. 2017-1-29

    筋線維の損傷と再生

    筋肉は筋トレで一度壊し、回復させると強くなると言われています。ただし、けがや壊れたというより…
ページ上部へ戻る