みなさんは、運動する場所や時間帯を気にかけた事はありますか?

最近は運動公園や街中でランニングやサイクリングをしている方をよく見かけますし、イベントとしては先日東京マラソンが行われたばかりで、運動することが習慣になっている方も多いようです。

そして、排気ガスやPM2.5などの汚染物質も問題になっており外に出て運動する方は健康への影響が気になりますよね?

ランニングなど、運動をすると一度に吸い込む空気の量や、呼吸数が多くなるので空気を多く取り込むようになります。

なので、排気ガスなどの汚染物質をより多く取り込んでしまうことになります。

これは、確かに良いこととは言えません。

同じ距離での自動車通勤と自転車通勤の、どちらが身体の健康状態への影響があるかという研究がされ、自転車通勤の方が汚染物質により、寿命が40日ほど短くなるというデータがでています。

しかし、自転車による運動が健康状態に良い影響を与え、1年2ヶ月寿命が長くなるというデータもでており、プラスマイナスで考えると自転車通勤の方が健康に良いということになります。

そして、排気ガスなどの問題ですが、交通量の多い道路から数百メートル離れる事や、混雑する時間帯を避けるだけで汚染物質の影響を4分の1にまで減らすことができるといわれています。

このように、運動する場所や時間帯を考慮するだけで、同じ運動でも体に与える影響は変わります!

ぜひ、みなさんも、ただランニングをするというだけでなく、走る環境にも目を向けてみてくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-28

    運動感覚情報と内部モデル

    体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことで…
  2. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  3. 2016-1-23

    アクティブタッチとは

    私たちは、そこにあるモノが何かを知ろうとするときには、手や指を自由に動かし、それに触ることで判断して…
  4. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    『別腹』って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  5. 2016-6-24

    横隔膜の呼吸運動

    横隔膜は、呼吸と姿勢安定化の2つの役割があります。Lewitは、健全な呼吸パターンが実行されない…
ページ上部へ戻る