みなさんは、運動する場所や時間帯を気にかけた事はありますか?

最近は運動公園や街中でランニングやサイクリングをしている方をよく見かけますし、イベントとしては先日東京マラソンが行われたばかりで、運動することが習慣になっている方も多いようです。

そして、排気ガスやPM2.5などの汚染物質も問題になっており外に出て運動する方は健康への影響が気になりますよね?

ランニングなど、運動をすると一度に吸い込む空気の量や、呼吸数が多くなるので空気を多く取り込むようになります。

なので、排気ガスなどの汚染物質をより多く取り込んでしまうことになります。

これは、確かに良いこととは言えません。

同じ距離での自動車通勤と自転車通勤の、どちらが身体の健康状態への影響があるかという研究がされ、自転車通勤の方が汚染物質により、寿命が40日ほど短くなるというデータがでています。

しかし、自転車による運動が健康状態に良い影響を与え、1年2ヶ月寿命が長くなるというデータもでており、プラスマイナスで考えると自転車通勤の方が健康に良いということになります。

そして、排気ガスなどの問題ですが、交通量の多い道路から数百メートル離れる事や、混雑する時間帯を避けるだけで汚染物質の影響を4分の1にまで減らすことができるといわれています。

このように、運動する場所や時間帯を考慮するだけで、同じ運動でも体に与える影響は変わります!

ぜひ、みなさんも、ただランニングをするというだけでなく、走る環境にも目を向けてみてくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  2. 2015-6-21

    疲れやコリを取り除くコリ回路とは

    筋中において、疲れやコリの一因になるのは、血中の乳酸濃度が高まることによるpHの低下、乳酸性アシドー…
  3. 2015-6-28

    運動実施時間によるパフォーマンスの違いについての考察

    被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させ、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、…
  4. 2015-6-12

    神経系と反射弓

    神経系の機能の本質は、刺激を末梢から中枢に導き、興奮を中枢から末梢に伝えることにあります。こ…
  5. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
ページ上部へ戻る