脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。

グリア細胞とは、神経細胞の間を埋め、神経細胞の活動を補助する細胞の総称のことです。

グリア細胞は、神経細胞に栄養を供給したり、正常に働かなくなった神経細胞を除去したりしています。

神経細胞は、脳の中で互いに手をつなぎ、情報を伝えあっています。

神経細胞の手のつなぎ方は、とても複雑だといわれています。

神経細胞は脳内に1000億個以上もあるといわれますが、それぞれの神経細胞は、数個から数万個の神経細胞とつながりあっています。

一つの神経細胞の中では、情報は電気信号として伝えられます。

ところが他の神経細胞に、電気信号をそのまま伝えることはできません。

神経細胞と神経細胞のつなぎ目の「シナプス」とよばれる部分には、わずかですが、すき間があいており、電気信号はこのすき間をこえることができないのです。

そこで、電気信号のかわりに「神経伝達物質」という化学物質を使って情報を伝えているのです。

神経細胞はシナプスのすき間に神経伝達物質を放出します。

放出された神経伝達物質は、受け手となる神経細胞の表面にある「受容体」というたんぱく質にくっつきます。

これがきっかけとなって、受け手の神経細胞では電気信号が発生するというしくみになってます。

神経伝達物質という化学的な信号が、ここでふたたび電気信号にもどるということになります。

脳の中では、このように電気的な信号と化学的な信号がたくみに変換されながら、無数の情報が伝えられているのです。

ちなみに、神経細胞は長い突起を使い情報を伝えあっていますが、情報受信用の突起を「樹状突起」、送信用を「軸索」とよびます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-5

    正しい姿勢で動く

    正しい姿勢が良いというのはよく言われます。人が地球上で活動するにあたって重力を切り離して考え…
  2. 2015-2-24

    セカンドインパクトシンドロームを防ぐ

    脳震盪というのはサッカーやアメフトなどの接触プレーの多いコンタクトスポーツで起こりやすい疾患で、頭部…
  3. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  4. 2016-1-11

    単純な行動も脳のさまざまな部位によって制御されている。

    単純な反射反応から複雑な精神活動まで、すべての行動は適切に相互されたニューロン間に起こるシグナル伝達…
  5. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
ページ上部へ戻る