転倒とその原因

転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数において「転倒」は「交通事故」より多く、その8割を60歳以上が占めています。

転倒事故による救急搬送人員は、39515人(平成23年調べ)もいて1日に108人の人が搬送されていることになる。
その4割がそのまま入院が必要とされる事態になっています。

しかも、転倒事故が起きている現場は、特別な場所ではなく日常生活をしている室内で起きる事が多いのです。

転倒の死亡事故においては、3割が家庭内で起きています

このように『転倒』とは、特別な人・特別な場所ということではなく、日常生活を送っている皆さんの「身近な危険因子」なのです。

転倒の原因は、バランス能力低下、筋力低下、柔軟性低下、視力低下、薬の影響、感覚障害、外的環境などさまざまです。

この中でバランス能力低下が大きく関与します。

バランス能力を日常動作で考えると、重力を抗して体を支え課題や環境に対し指向的に身体を動かしていくための基礎となる能力です。

バランス能力を保つためには重心線を支持基底面内(隣接する接地面の外周によってつくられる領域)に収める能力が必要で、重心の位置を調整し逸脱してしまう重心をコントロールしなければいけない。

重心の位置の調整は、姿勢調節・改善を行い。

逸脱してしまう重心をコントロールは、運動機能の向上(歩行動作の改善)を行う。

次に筋力低下が関係しており、歩く時に脚(太もも)を持ち上げる為に使う【腸腰筋】、膝関節を伸ばす時に使い・転倒しそうな時に踏ん張る筋肉【大腿四頭筋】、つま先を上げる時に使う【前脛骨筋】、太ももを後ろに引き上げる【大殿筋】や【大腿二頭筋】、歩く時や立っている時の姿勢を安定させる【中殿筋】、足関節を伸ばしたり・歩く時に足を前に蹴りだす時に使う【下腿三頭筋】など、これらの筋群を使えるようにし、筋力低下しないように努めなければいけません。

関節についても、股関節は可動性、膝関節は安定性、足関節は可動性という役割をしっかり果たすことも大切です。

転倒事故はもっとも身近で誰にでも起こりうる事故です。

だからこそ、日頃から転倒事故の予防をしていなければいけません。

身近な日常を安全なものにするために!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
  2. 2015-4-15

    間脳の解剖 後編

    トルコ鞍という蝶形骨と後頭骨が縫合してできた骨の土台には下垂体が位置します。下垂体は他のさま…
  3. 2015-5-14

    プリン体とは何か?

    アデニンやグアニンはその構造にプリン環と呼ばれる化学構造を持っています。このようなプリン環を持っ…
  4. 2014-10-17

    食欲を考える!

    最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  5. 2017-5-15

    暑熱順化と運動トレーニングの影響

    私たちが運動トレーニングを続けたり、暑熱環境にたびたびさらされると、深部体温や皮膚温が上昇して発汗す…
ページ上部へ戻る