転倒とその原因

転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数において「転倒」は「交通事故」より多く、その8割を60歳以上が占めています。

転倒事故による救急搬送人員は、39515人(平成23年調べ)もいて1日に108人の人が搬送されていることになる。
その4割がそのまま入院が必要とされる事態になっています。

しかも、転倒事故が起きている現場は、特別な場所ではなく日常生活をしている室内で起きる事が多いのです。

転倒の死亡事故においては、3割が家庭内で起きています

このように『転倒』とは、特別な人・特別な場所ということではなく、日常生活を送っている皆さんの「身近な危険因子」なのです。

転倒の原因は、バランス能力低下、筋力低下、柔軟性低下、視力低下、薬の影響、感覚障害、外的環境などさまざまです。

この中でバランス能力低下が大きく関与します。

バランス能力を日常動作で考えると、重力を抗して体を支え課題や環境に対し指向的に身体を動かしていくための基礎となる能力です。

バランス能力を保つためには重心線を支持基底面内(隣接する接地面の外周によってつくられる領域)に収める能力が必要で、重心の位置を調整し逸脱してしまう重心をコントロールしなければいけない。

重心の位置の調整は、姿勢調節・改善を行い。

逸脱してしまう重心をコントロールは、運動機能の向上(歩行動作の改善)を行う。

次に筋力低下が関係しており、歩く時に脚(太もも)を持ち上げる為に使う【腸腰筋】、膝関節を伸ばす時に使い・転倒しそうな時に踏ん張る筋肉【大腿四頭筋】、つま先を上げる時に使う【前脛骨筋】、太ももを後ろに引き上げる【大殿筋】や【大腿二頭筋】、歩く時や立っている時の姿勢を安定させる【中殿筋】、足関節を伸ばしたり・歩く時に足を前に蹴りだす時に使う【下腿三頭筋】など、これらの筋群を使えるようにし、筋力低下しないように努めなければいけません。

関節についても、股関節は可動性、膝関節は安定性、足関節は可動性という役割をしっかり果たすことも大切です。

転倒事故はもっとも身近で誰にでも起こりうる事故です。

だからこそ、日頃から転倒事故の予防をしていなければいけません。

身近な日常を安全なものにするために!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  2. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
  3. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトル」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  4. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  5. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
ページ上部へ戻る