人間の体内では、外から進入してきた病原体を排除するために、さまざまな細胞が働いています。

それらの細胞は勝手に動き回っているのではなく、互いに連携をとりながらそれぞれの役割を担い、協力しあって体の防御にあっています。

免疫システムは、大きく二段階に分かれています。

侵入者を最初に迎え撃つ免疫を「自然免疫」、自然免疫で排除できなかった病原体を引き継いで攻撃する免疫を「適応免疫」といいます。

それぞれの免疫システムでは、働く細胞の種類が異なります。

自然免疫で活躍する細胞は「マクロファージ(大食細胞)」、「顆粒球(好中球、好酸球、好塩基球)」、「樹状細胞」などの食細胞と呼ばれる細胞です。

食細胞は細菌などの病原体を飲みこみ、細胞内で消化する働きを持ちます。

これらの細胞で排除しきれなかった病原体を攻撃するのが、次に控えている適応免疫です。

自然免疫と違い、一つ一つの細胞ごとに、攻撃する相手が決まっています。

適応免疫の主役は、「T細胞」と「B細胞」です。

これらの細胞はまず、樹状細胞から仕事を引き継ぎます。

病原体を飲みこんだ樹状細胞は、感染場所からT細胞のいるリンパ器官に移動し、飲みこんだ病原体の一部を掲示します。

こうしてT細胞は、体内に侵入してきた攻撃するべき相手の顔を知り、機能できるようになります。

その後、「キラーT細胞」になったものは、その病原体に感染した細胞をさがして体内をめぐります。

感染した細胞もまた、表面に病原体の一部をかかげているので、キラーT細胞に見つけられることになります。

感染細胞を見つけたキラーT細胞は、その細胞にタンパク質を分泌して細胞自殺(アポトーシス)を引きおこさせます。

また、「ヘルパー細胞」になったものは、B細胞をはじめ、マクロファージやキラーT細胞といいたほかの細胞を働かせるようにします。

一方、B細胞は「抗体」とよばれるタンパク質を分泌して病原体やその毒素などを攻撃する細胞です。

抗体の形はたくさんあり、一つ一つの抗体が、それぞれ攻撃する対象に適合した形をしています。

体内に侵入してきた病原体や毒素(抗原)などは、B細胞の表面に突き出している抗体の手にくっつきます。

抗原にぴったりとはまる抗体をもっていたB細胞のみが、ヘルパーT細胞の助けを借りながら増え、分化します。

分化したB細胞は、表面上にもっていた抗体と同じ形をした抗体を次々に分泌するようになります。

分泌された抗体は、リンパ器官をでて体内をまわり、病原体をみつけて再びくっつきます。

抗体のくっついた病原体は、機能を奪われたり、マクロファージなどの攻撃の対象になったりします。

このように身体にとっては有益な免疫ですが、ときに必要以上に作用したり、あるいは不適切に作用することがあります。

これがアレルギー反応です。

即時型のアレルギーの多くは、B細胞が作り出す抗体、IgE抗体がアレルゲンに反応することで起こります。

多くの人を困らせるアレルギーですが、免疫は普段身体を守っているわけですから大目に見てあげてもいいかもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  2. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  3. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  4. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  5. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
ページ上部へ戻る