糖質は運動中の最も重要なエネルギー源になります。

たとえばアスリートは試合前の夕食に高糖質食を取り筋グリコーゲンの貯蔵量を最大限まで増加させます。

また、トレーニング中や試合中のゼリーやドリンクなどの液状糖質は、活動している筋への燃料補給になります。

トレーニングや試合後の糖質摂取はグリコーゲンの貯蔵を回復し、筋タンパク質のネットバランスを最大化させます。

ネットバランスとは、筋タンパク質の合成量から分解量を引いた値になります。

骨格筋の筋肥大を起こすためには、ネットバランスがプラスでなければなりません。

合成量が分解量を上回る必要があります。

基本的な糖質燃料はグルコース(ブドウ糖)であり、総エネルギー量に占める割合は運動強度、持続時間によって変化します。

運動中に消費する糖質の量は、直近の食事のタイミングや内容、運動中の栄養摂取など、多くの因子があります。

トレーニング後、試合後の糖質摂取は、筋グリコーゲンの最大限の回復を図るために極めて重要です。

特にタイミングが重要で、運動後30分以内の摂取が推奨され、2時間以上遅れると、グリコーゲンの回復率は50%低下します。

また、1時間に体重1kgあたり1.2gの糖質を15分〜30分ごとに最大5時間にわたり摂取すればグリコーゲンの最大限の再合成が可能となります。

筋の発達のためには、筋グリコーゲンレベルを高く保つ必要があります。

また、運動中の筋グリコーゲンの枯渇は、筋疲労時の筋収縮を困難にさせてしまいます。

トレーニングにおいて、タンパク質やアミノ酸は注目されがちですが、糖質も大いに注目されるものです。

そして最も効果の高い糖質とその摂取方法を明らかにするためには、アスリートやトレーニング者が各自、摂取のタイミングと糖質の種類を試す必要があるでしょう。

自らに合った、方法を見つけることが出来れば、より一層トレーニング効果を高めることが出来るはずです。

それを模索することはある種実験であり、意外と楽しめるものです。

ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  2. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  3. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  4. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
  5. 2015-6-6

    タメになる「豆」知識

    体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞い…
ページ上部へ戻る