全身に作用する神経筋ネットワーク

筋肉などの組織は、身体を動かすために収縮するだけの組織ではなく、重力に反して張力を発揮するように配置されています。

姿勢やバランスが崩れた際には感覚系や運動系が働いて正しい位置に調整します。

重力と周囲の環境の影響に対して姿勢を正してバランスを保つのが感覚系や運動系の役割の一つです。

また前庭系、固有受容器、視覚系の3つのシステムから、身体が真っ直ぐであるか否かの情報が提供されます。

前庭系………重力や頭部の働きから頭部の位置に関する情報を提供する
固有受容器…大きな関節や筋に関係する固有受容器は、受容器周囲の身体分節の運動に関する情報を提供する
視覚系………周囲の環境から身体の姿勢や肢位に関する情報を提供する

これらのシステムは、姿勢に密接に関与しています。

姿勢はマネキンのように固定化されたものではなく、全てのシステムが補完的に、様々な環境の変化に対して常に変化して調整しています。

歩行や走りに例えると、腕や脚が交互に動くことにより生じた脊椎の運動が姿勢のバランスを整えています。

この動きでは、四肢が常に動いている間、わずかな動きで脊柱やコアの機能が常に調整しています。

脊柱とコアはエネルギーを効率的に再分配あるいは移動させることで、このリズムと動作を生み出しています。

中枢神経系および末梢神経系は、感覚や運動、反射を介して動きの土台を操作しています。

感覚系は、重力や負荷により変化する肢位や姿勢の領域や速度、さまざまな形状の触覚受容体器のフィードバックを介して身体運動に関する情報を受け取ります。

運動系は、動作や安定性に寄与する筋緊張の制御を司り、感覚フィードバックに反応して全体的なコントロールや微細なコントロールを行います。

反射は意識下で作用し、筋緊張や収縮を微調整しています。

身体の支持に関する無数の調整が自動化されることにより、様々な作業に対応することが可能となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    ホルモン分泌

    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  2. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  3. 2017-3-6

    運動連鎖を引き出すために

    運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を…
  4. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
  5. 2016-1-28

    「痛み感覚」とニューラルネットワーク

    慢性の痛みは脳内で自動的に記憶を引き出してしまうような「ニューラルネットワーク」を構築しています。…
ページ上部へ戻る