尿による水分量の調節

1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。

尿は、体内の水分量を調節し、老廃物を排出する役割をもっています。

 

私たちが毎日トイレで行っているのは、生きていくためにとても重要な行為です。

尿はその大部分(約98%)が水分です。この量を加減することで、ヒトは体内の水分量を調節しています。

残りの2%は、ほとんどが尿素で、尿素はたんぱく質を分解した結果生じる老廃物で、水にとけても無色無臭です。

 

では、尿の色やにおいは何によるものなのでしょう?

健康なときの尿のうすい黄色は、尿に微量な「ウロビリン」という色素によるものです。

ウロビリンは赤血球で酸素を運ぶ役割のヘモグロビンが分解されてできたものです。

 

また、尿の色は体調や食事の内容を反映してします。

尿中の水分の割合が少ないために色が濃くなったり、ビタミン剤などからとったビタミンB2のうち、分解されなかった分が尿中に排出されることで黄色が強くなったりします。

体内から出たばかりの尿は、完全に無臭というわけではないけれど、悪臭はしません。

トイレで尿がにおうのは、時間がたつと、尿素が細菌によって分解されてアンモニアがつくられるからです。

膀胱に尿がたまったら、尿意を感じてトイレにいきたくなるのですが、これは、膀胱の筋肉にあるセンサーが膀胱が伸張して広がったことを脳にある排尿中枢へと信号を伝えます。

一般的に200ミリ~400ミリリットル尿がたまったらその信号を受け取ったら排尿中枢は、大脳へ「尿がたまった」と報告し、それを私たちが認識します。

これが尿意の正体です。

 

膀胱が小さいから尿がためられないとか、トイレが近いなどと思いがちですが実際は、膀胱にあるセンサーが敏感で、尿をためることができるのに、たまったという信号を早めに出してしまう場合が多いみたいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-23

    「不定愁訴」に気をつけましょう。

    現代では、「身体がだるい」、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」など、「なんとなく体…
  2. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  3. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  4. 2014-12-15

    運動連鎖とは

    トレーニングやリハビリなどの運動療法の世界では、よく運動連鎖という概念が用いられます。運…
  5. 2015-5-20

    紫外線に注意!

    暑さも増し、日焼けをした方もいるかと思います。日焼けは、太陽光のなかで「紫外線によって皮膚が…
ページ上部へ戻る