尿による水分量の調節

1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。

尿は、体内の水分量を調節し、老廃物を排出する役割をもっています。

 

私たちが毎日トイレで行っているのは、生きていくためにとても重要な行為です。

尿はその大部分(約98%)が水分です。この量を加減することで、ヒトは体内の水分量を調節しています。

残りの2%は、ほとんどが尿素で、尿素はたんぱく質を分解した結果生じる老廃物で、水にとけても無色無臭です。

 

では、尿の色やにおいは何によるものなのでしょう?

健康なときの尿のうすい黄色は、尿に微量な「ウロビリン」という色素によるものです。

ウロビリンは赤血球で酸素を運ぶ役割のヘモグロビンが分解されてできたものです。

 

また、尿の色は体調や食事の内容を反映してします。

尿中の水分の割合が少ないために色が濃くなったり、ビタミン剤などからとったビタミンB2のうち、分解されなかった分が尿中に排出されることで黄色が強くなったりします。

体内から出たばかりの尿は、完全に無臭というわけではないけれど、悪臭はしません。

トイレで尿がにおうのは、時間がたつと、尿素が細菌によって分解されてアンモニアがつくられるからです。

膀胱に尿がたまったら、尿意を感じてトイレにいきたくなるのですが、これは、膀胱の筋肉にあるセンサーが膀胱が伸張して広がったことを脳にある排尿中枢へと信号を伝えます。

一般的に200ミリ~400ミリリットル尿がたまったらその信号を受け取ったら排尿中枢は、大脳へ「尿がたまった」と報告し、それを私たちが認識します。

これが尿意の正体です。

 

膀胱が小さいから尿がためられないとか、トイレが近いなどと思いがちですが実際は、膀胱にあるセンサーが敏感で、尿をためることができるのに、たまったという信号を早めに出してしまう場合が多いみたいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-7

    ミネラルの正体

    ミネラルというとイコール塩分といったイメージがありますが、実はそうではありません。普段、ミネ…
  2. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
  3. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
  4. 2017-2-8

    筋力トレーニングと生活サイクル

    自分の理想の体を手に入れるため、パフォーマンスを上げるために筋力トレーニングを行いますが、1日のどの…
  5. 2017-1-30

    トレーニングプログラム

    理想の身体を作るために様々な方法があると思いますが、トレーニングを行い筋肉をつけてメリハリのある身体…
ページ上部へ戻る