花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。

こういったアレルギー疾患の増加には、衛生環境の向上が影響しているとされる考えがあります。

「衛生仮説」というものです。

衛生仮説とは乳幼児期の衛生環境が個体の免疫系の発達へ影響を及ぼして、その個体がアレルギーになりやすいかどうかを決めると言う仮説です。

アレルゲン(アレルギーの原因になり得る物質)曝露に対するエンドトキシン(非衛生環境の指標として測定される細菌由来の物質)曝露の減少がアレルギー疾患を誘発すると考えられています。

簡単にいうと、清潔すぎる環境で育つことで逆にその後のアレルギー発症率を高めてしまうというものです。

多くの疫学研究、実験研究で、生活環境中のエンドトキシン濃度が高いほどアレルギーが少ないこと、先進国ではアレルギー疾患が多く生活水準に関係すること、兄弟・姉妹の多い子どもや集団生活経験をもつ子ども、農場育ちの子どもにはアレルギー症状が少ないとする報告がされてきました。

衛生環境がよくなりすぎると逆にアレルギーの発症が高くなるのは恐ろしいことです。

ただ、衛生仮説の根本的な部分は支持されていてもこれが絶対ということではありませんし、すべてのアレルギーにおいてこの仮説があてはまるわけではありません。

それでも、乳幼児をお持ちの方は衛生仮説に基づいてアレルギー予防をしてみる価値があるでしょう。

また、適度な運動は消化管からのエンドトキシンの吸収を強化し、その後のアレルギー発症を抑制する可能性も示唆されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  2. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  3. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  4. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  5. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
ページ上部へ戻る