プレ・パフォーマンス・ルーティンとフォーカルポイント

スポーツの世界ではよく「集中力」という言葉を耳にします。

「集中力が足りないから負けた」、「集中力を切らしたら負け」というような言葉もよく聞きます。

このように勝ち負けに大きく影響する要素なのにも関わらず、集中力を高める方法については経験値的なものばかりで、具体的には何もやっていないというケースが多いようです。

集中力を高める方法ではプレ・パフォーマンス・ルーティンやフォーカルポイントという方法が一般的です。

プレ・パフォーマンス・ルーティンは、スポーツの色々な場面で、集中力を高めたり、気持ちを切り替えたりする目的で用いられます。

一般的にはルーティンと省略されています。

例えば、イチロー選手がいつも打席に入る前に一定の動作をし、打席に入ってバット回しをして一連の動作を終える、というような決まり決まったいつもの動作のことを言います。
フォーカルポイントは競技場や試合会場にある一定の場所やポイント(旗や国旗掲揚のポールなど)を自分で決めておき、それをみることで集中力を高めるきっかけにするというものです。

そのポイントをみると集中力が高まるというような意識付けをすることが大切です。

競技スポーツをしている方はぜひ押さえておきたいところです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  2. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
  3. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  4. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  5. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
ページ上部へ戻る