人の体の約60~70%は水分と言われています。
この水分は、体温調整、体内への栄養分の運搬、老廃物の排泄などさまざまな働きに必要になります。

水分不足になると、血液循環が悪くなったり体内の酸素運搬・機能の低下が起きます。
脳梗塞・脱水症状・便秘・むくみ・こむら返り等の原因にもなります。

通常一日に必要な水分摂取量は約2リットルと言われています。

夏場は暑くてのどが渇き水分を摂取する意識が強くなりますが、冬場は寒くてあまり水分をゴクゴク飲むことも少なくなります。

ですが冬は乾燥が強く体表が乾燥し、体内の水分も発散してしまいます。

寒いと運動する機会も減ってしまい水分不足と運動不足で、ますます血液の循環が悪くなってしまいます。

冬こそ積極的に運動をしてあげましょう。

運動は身体の機能を正常化する作用があります。

その運動時も水分補給はしっかり行いましょう。

運動時に、筋肉でのエネルギー消費が高まる時に熱生産も高まるので体温が上昇します。

体温が上昇しすぎると運動できなくなってしまいます。

体温が上昇しすぎないようにするための仕組みが発汗です。

発汗が続いているのに水分補給をしなければ、体の水分が不足してしまいます。

運動時の水分補給は、体温を上げすぎないようにする効果があり、トレーニング効果を高めるのにも役立ちます。

水分補給時には塩分を摂ることも忘れないように!

スポーツドリンクなどは糖分が多いので摂りすぎには気をつけましょう。

「犬」も冬の水分不足や運動不足(散歩不足)による障害が増えます。
特に尿結石の原因になりやすいので犬を飼っている人は気をつけてあげましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  2. 2014-12-8

    老化を左右するテロメア

    昔から、老化の予防には運動といいます。実際に、習慣的に運動している方は、日常生活動作や身…
  3. 2015-10-22

    原始反射という運動構築の資材

    膝蓋腱を叩くと、反射的な膝関節の動きが見られます。他にも、熱いストーブに触れると敏速な反射的な四…
  4. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
  5. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
ページ上部へ戻る