人の体の約60~70%は水分と言われています。
この水分は、体温調整、体内への栄養分の運搬、老廃物の排泄などさまざまな働きに必要になります。

水分不足になると、血液循環が悪くなったり体内の酸素運搬・機能の低下が起きます。
脳梗塞・脱水症状・便秘・むくみ・こむら返り等の原因にもなります。

通常一日に必要な水分摂取量は約2リットルと言われています。

夏場は暑くてのどが渇き水分を摂取する意識が強くなりますが、冬場は寒くてあまり水分をゴクゴク飲むことも少なくなります。

ですが冬は乾燥が強く体表が乾燥し、体内の水分も発散してしまいます。

寒いと運動する機会も減ってしまい水分不足と運動不足で、ますます血液の循環が悪くなってしまいます。

冬こそ積極的に運動をしてあげましょう。

運動は身体の機能を正常化する作用があります。

その運動時も水分補給はしっかり行いましょう。

運動時に、筋肉でのエネルギー消費が高まる時に熱生産も高まるので体温が上昇します。

体温が上昇しすぎると運動できなくなってしまいます。

体温が上昇しすぎないようにするための仕組みが発汗です。

発汗が続いているのに水分補給をしなければ、体の水分が不足してしまいます。

運動時の水分補給は、体温を上げすぎないようにする効果があり、トレーニング効果を高めるのにも役立ちます。

水分補給時には塩分を摂ることも忘れないように!

スポーツドリンクなどは糖分が多いので摂りすぎには気をつけましょう。

「犬」も冬の水分不足や運動不足(散歩不足)による障害が増えます。
特に尿結石の原因になりやすいので犬を飼っている人は気をつけてあげましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  2. 2015-7-3

    細胞内共生説

    化石から推測すると、約35億年前に原始生物が誕生し、真核生物したのは約10億年前になります。…
  3. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  4. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
  5. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
ページ上部へ戻る