人の体の約60~70%は水分と言われています。
この水分は、体温調整、体内への栄養分の運搬、老廃物の排泄などさまざまな働きに必要になります。

水分不足になると、血液循環が悪くなったり体内の酸素運搬・機能の低下が起きます。
脳梗塞・脱水症状・便秘・むくみ・こむら返り等の原因にもなります。

通常一日に必要な水分摂取量は約2リットルと言われています。

夏場は暑くてのどが渇き水分を摂取する意識が強くなりますが、冬場は寒くてあまり水分をゴクゴク飲むことも少なくなります。

ですが冬は乾燥が強く体表が乾燥し、体内の水分も発散してしまいます。

寒いと運動する機会も減ってしまい水分不足と運動不足で、ますます血液の循環が悪くなってしまいます。

冬こそ積極的に運動をしてあげましょう。

運動は身体の機能を正常化する作用があります。

その運動時も水分補給はしっかり行いましょう。

運動時に、筋肉でのエネルギー消費が高まる時に熱生産も高まるので体温が上昇します。

体温が上昇しすぎると運動できなくなってしまいます。

体温が上昇しすぎないようにするための仕組みが発汗です。

発汗が続いているのに水分補給をしなければ、体の水分が不足してしまいます。

運動時の水分補給は、体温を上げすぎないようにする効果があり、トレーニング効果を高めるのにも役立ちます。

水分補給時には塩分を摂ることも忘れないように!

スポーツドリンクなどは糖分が多いので摂りすぎには気をつけましょう。

「犬」も冬の水分不足や運動不足(散歩不足)による障害が増えます。
特に尿結石の原因になりやすいので犬を飼っている人は気をつけてあげましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-2

    身体を自在にデザインする

    食事を減らし、がむしゃらに運動するだけで理想の身体を手に入れるのは非常に困難です。どこをシェ…
  2. 2015-11-29

    アスリートに特有な遺伝子は存在するか

    スポーツの世界では、有名選手とその子どもも活躍していることがたくさんあります。ということは、…
  3. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  4. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  5. 2016-2-8

    女子サッカー選手における女性特有のコンディション

    女子サッカー選手に限らず男性との性差、つまり女性特有のコンディションを理解して選手の健康管理を行うこ…
ページ上部へ戻る