アクションポテンシャル

ニューロンを含むすべての細胞は細胞膜で囲まれている。
細胞膜には様々なイオンを選択的に通すイオンチャネルというタンパク質や特定の物質などを選択的に取り込むトランスポーター、特定の生理活性物質と結合してその信号を細胞内に伝える受容体など、様々な機能をもつタンパク質が埋め込まれている。

通常、細胞の内側は電位が負、外側は電位が正になっている。

内側の電位が負になっていることを「分極」といい、この電位が0の方向にふれることを「脱分極」という。

脱分極がある閾値に達すると、電位は急速にごく短時間だけ脱分極の方向に大きくふれる。

これを「活動電位(アクションポテンシャル)」と呼ぶ。

活動電位はナトリウムイオンとカリウムイオンの細胞膜の通りやすさの変化によって生じる。

Na+K+ポンプはATP1分子の分解によって3個のNa+を神経繊維の外側に汲み出し、同時に2個のK+を神経繊維内に取り込む。

「チャネル」は通路のこと。

ただし、Na+チャネルはNa+だけを、K+チャネルはK+だけを通すという、選択性を持つ。
神経繊維の細胞膜には、「電位依存性Na+チャネル」、「電位依存性K+チャネル」、そして、電位の変化に依存しない「漏洩K+チャネル」が存在する。

イオンがチャンネルを通るときには、2つの「勾配」が関係する。

濃度勾配と電位勾配である。勾配とは傾きのことで、神経繊維の外と中で濃度や電位がどのように違うかという話になる。
電気的な刺激のスイッチはこの外と中の濃度や電位の差で決定されているのである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-30

    核内受容体PPARγと肥満の関係

    肝臓は、糖質および脂質代謝を担う主要な組織であり、エネルギー代謝の中心的役割を担う組織です。…
  2. 2016-1-16

    腱の機能解剖

    腱は筋と骨を結ぶ強靭な結合組織で、筋の収縮力を骨格へ効果的に伝達する。筋腱移行部では腱は筋細胞と…
  3. 2014-10-29

    進化から考える股関節伸展機構

    脊椎動物のなかで初めて地上に進出したのは爬虫類です。その中でも恐竜(大爬虫類)は絶滅していき…
  4. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  5. 2015-5-20

    紫外線に注意!

    暑さも増し、日焼けをした方もいるかと思います。日焼けは、太陽光のなかで「紫外線によって皮膚が…
ページ上部へ戻る