アクションポテンシャル

ニューロンを含むすべての細胞は細胞膜で囲まれている。
細胞膜には様々なイオンを選択的に通すイオンチャネルというタンパク質や特定の物質などを選択的に取り込むトランスポーター、特定の生理活性物質と結合してその信号を細胞内に伝える受容体など、様々な機能をもつタンパク質が埋め込まれている。

通常、細胞の内側は電位が負、外側は電位が正になっている。

内側の電位が負になっていることを「分極」といい、この電位が0の方向にふれることを「脱分極」という。

脱分極がある閾値に達すると、電位は急速にごく短時間だけ脱分極の方向に大きくふれる。

これを「活動電位(アクションポテンシャル)」と呼ぶ。

活動電位はナトリウムイオンとカリウムイオンの細胞膜の通りやすさの変化によって生じる。

Na+K+ポンプはATP1分子の分解によって3個のNa+を神経繊維の外側に汲み出し、同時に2個のK+を神経繊維内に取り込む。

「チャネル」は通路のこと。

ただし、Na+チャネルはNa+だけを、K+チャネルはK+だけを通すという、選択性を持つ。
神経繊維の細胞膜には、「電位依存性Na+チャネル」、「電位依存性K+チャネル」、そして、電位の変化に依存しない「漏洩K+チャネル」が存在する。

イオンがチャンネルを通るときには、2つの「勾配」が関係する。

濃度勾配と電位勾配である。勾配とは傾きのことで、神経繊維の外と中で濃度や電位がどのように違うかという話になる。
電気的な刺激のスイッチはこの外と中の濃度や電位の差で決定されているのである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-11

    顎関節ストレスと姿勢

    筋解剖学に基づくと、頭部の位置が下顎の安静位置に影響を及ぼすと考えることは容易なものです。た…
  2. 2017-1-25

    メカニカルストレス

    メカニカルストレスとは、「力学的ストレス」のことで、何かを持ち上げたり引っ張ったりするときに筋肉や腱…
  3. 2015-10-18

    パフォーマンスストラテジー

    特定のスポーツに向けて、生理学的・心理的なストラテジーが用いられます。パフォーマンスストラテ…
  4. 2017-3-23

    筋トレの後のジョギングの効果

    筋力トレーニングの後にジョギングを合わせて行う人も多いと思います。ジョギングは有酸素運動の代…
  5. 2017-2-1

    逆三角形の背中をつくる

    引き締まったウエストと厚い胸板、そしてがっしりとした上背部があれば、きれいな逆三角形の体型になります…
ページ上部へ戻る