脳とコンピューターの処理の違い

脳は、莫大な量の情報を絶えず処理しています。

その大量の情報を脳はどうやって処理しているのでしょうか。

「物をみて、形を記憶する」という処理を例にコンピューターと比較してみたいと思います。
パソコンは、その「物」の画像を細かいドットに分けて認識します。

その処理は「CPU」という高速な計算装置が、一つずつ順番に計算をこなすことで行われています。

CPUは記録する機能をもたないので、「メモリ」や「ハードディスク」といった記録装置に途中経過をしながら情報を処理します。

そして画像は最終的にハードディスクに保存されます。

コンピューターがあつかう情報はすべて「0」か「1」で表現されるデジタル情報で、その情報処理は速く、正確で、適当さや曖昧さはありません。
一方、脳の場合、目で見た「物」の映像は、網膜にある細胞で電気信号にかえられ、視神経を通って、脳に届きます。

そして、視覚情報を処理する「視覚野」という領域で、特定の神経細胞のネットワークが働くことでその「物」の画像として認識されます。

そして海馬の助けをかりて大脳皮質へと記憶されます。
脳にはCPUやメモリに単純に対応する部分はありません。

あえていうならば、神経回路がCPU、一時的に記憶を保存する大脳皮質の一部「ワーキングメモリ」がメモリ、大脳皮質や海馬がハードディスクだということもできます。

また、神経回路はコンピューターと違い、情報を分散して同時並行で処理します。

非常に複雑な処理方法になっているのです。
人間の意識にのぼる脳の活動は全体の活動のほんのひとにぎりだと考えられています。

また、自覚できない脳の活動は、人が意識的に決めたと思っている行動や意志にも影響を与えていると考えられています。
記憶や感覚などのさまざまな情報が、脳のなかでどうやって処理されているのかは詳しい仕組みは分かっていません。

脳はデジタルな情報とアナログな情報をおりまぜながらあつかっています。
脳は、コンピューターに比べて情報処理の速度は遅く、正確さも劣りますが、不完全な情報から答えを導き出したり、あっと驚くような「創造」や「閃き」を生み出すことが脳の優れた素晴らしい部分ではないでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
  2. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
  3. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  4. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  5. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
ページ上部へ戻る