馬鹿力を発揮するには神経をオンにしなければなりませんが、これには脳の興奮が重要になってきます。

脳が興奮することで、そうでないときよりも筋肉を支配する多くの神経をオンにすることができます。

ただし、それがすべてプラスに働くわけではありません。

皆さんは緊張しすぎてがちがちになった経験はないでしょうか。

実は、それは緊張によって筋肉を支配する脳内の神経が余計に興奮するためにおこるのです。

あまりに緊張しすぎると、自分が使おうとしている筋肉以外も収縮させてしまいます。

人間の動作は、収縮する筋肉と弛緩する筋肉が上手く組み合わさってできています。

そのため、すべての筋肉に影響が出ると、ぎこちない状態になってしまいます。

ほどよい緊張であれば、力を出したい部分で火事場の馬鹿力を発揮することも可能になってきます。

しかし、ほどよい緊張をコントロールして出すというのは難しいものです。

自らに働きかけるものとして、声を出す、ほおを両手で叩く、歯を食いしばる、というものが考えられます。

実際に、スポーツ選手が競技中や試合の直前でこれらの方法をとっていることが多くみられます。

なかにはドーピング剤でその効果を得ようとする競技者もいます。

これが馬鹿力を発揮する方法です。

しかし、急激に大きな力を発揮すると、場合によっては肉離れや脱臼などがおきる可能性があります。

怪我には十分お気をつけください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  2. 2016-4-28

    エコノミークラス症候群を考える

    エコノミークラス症候群とは、循環障害のひとつで、深部静脈血栓症や塞栓症などの疾患概念となります。…
  3. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
  4. 2015-7-27

    脊髄の外景を考える

    脊髄( spinal cord )は脊柱管の中にあり、神経管の原型を残し、中枢神経系の中で最も原始的…
  5. 2015-11-17

    イメージトレーニングによる神経系の適応

    1992年、G. YueとK. J. Coleにより神経系の適応について、非常に興味深い研究結果が報…
ページ上部へ戻る