「不定愁訴」に気をつけましょう。

現代では、「身体がだるい」、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」など、「なんとなく体調の悪い」というような自覚症状はあるのにもかかわらず、検査をしても原因となる病気が見つからないという方が多くいます。

この状態のことを「不定愁訴」といいます。

もちろん、誰でもたまには経験することがあるでしょうし、それ自体はほとんど問題ありません。

したがって、あまり気づかうこともなく、見過ごされることが大抵です。

たとえば便秘になり、慢性化して続いたとしても「体質のせい」くらいで片付けられることが少なくないと思います。

しかし、この不定愁訴こそが非常に重要です。

なぜなら、この不定愁訴が身体からの大切なメッセージになるからです。

明らかな症状もなく、不定愁訴もまったくなく、体重変化もほとんどないというような状態であれば、健康状態は良いと考えていいと思います。

そうでなければ、たかが不定愁訴くらいと思って無視することなく、身体からのメッセージを受け取れるようにしておかなければなりません。

そのためにも、自分の体調を普段からしっかりと把握しましょう。

そして、それに対して真摯に受け止めるようにしましょう。

そうすれば、自分で「早期発見」が実現できるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-12

    神経系と反射弓

    神経系の機能の本質は、刺激を末梢から中枢に導き、興奮を中枢から末梢に伝えることにあります。こ…
  2. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  3. 2017-1-30

    トレーニングプログラム

    理想の身体を作るために様々な方法があると思いますが、トレーニングを行い筋肉をつけてメリハリのある身体…
  4. 2017-1-17

    骨増強のためのトレーニング

    日常生活レベルの骨の歪みによって微小骨折が発生し、この損傷治癒機転として損傷部位の吸収、再形成がおこ…
  5. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
ページ上部へ戻る