「不定愁訴」に気をつけましょう。

現代では、「身体がだるい」、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」など、「なんとなく体調の悪い」というような自覚症状はあるのにもかかわらず、検査をしても原因となる病気が見つからないという方が多くいます。

この状態のことを「不定愁訴」といいます。

もちろん、誰でもたまには経験することがあるでしょうし、それ自体はほとんど問題ありません。

したがって、あまり気づかうこともなく、見過ごされることが大抵です。

たとえば便秘になり、慢性化して続いたとしても「体質のせい」くらいで片付けられることが少なくないと思います。

しかし、この不定愁訴こそが非常に重要です。

なぜなら、この不定愁訴が身体からの大切なメッセージになるからです。

明らかな症状もなく、不定愁訴もまったくなく、体重変化もほとんどないというような状態であれば、健康状態は良いと考えていいと思います。

そうでなければ、たかが不定愁訴くらいと思って無視することなく、身体からのメッセージを受け取れるようにしておかなければなりません。

そのためにも、自分の体調を普段からしっかりと把握しましょう。

そして、それに対して真摯に受け止めるようにしましょう。

そうすれば、自分で「早期発見」が実現できるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-10

    筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす…
  2. 2015-8-29

    胎児および乳児の運動発達

    人間では、胎児期に運動発達が始まります。受胎後7週目に頭部および頚部への横紋筋への運動神経支…
  3. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  4. 2017-5-12

    スポーツの場面での「かけ声」の効果

    身体活動と呼吸との間には密接な関連があります。一般的には吸気相では促通性に、呼気相では抑制性…
  5. 2017-2-6

    体を正しく動かすために

    トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。野球でヒジや肩などの障害は…
ページ上部へ戻る