運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?

被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させて、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、午後6時前後が最もパフォーマンスが高くでたという研究結果があります。

身体の各筋群や、他のスポーツを対象にした研究でも同様の結果がでているといいます。
多くの研究者は、1日の間に約1℃の幅で推移する体温が、時間帯によるパフォーマンスの違いを生みだしている要因だと考えているようです。
内臓などの深部体温が上がることによって、筋肉が弛緩し、代謝反応や神経信号の伝達は速くなります。

この時間帯は、トレーニングによって変えられることもわかっています。
1989年にジョージア大学研究では、早朝のトレーニングを行ったグループは早朝のパフォーマンスが、夕方にトレーニングをさせたグループは夕方のパフォーマンスが向上したという結果がでたといいます。
別の研究では、早朝の運動が1日を通じたストレスホルモンのコルチゾールレベルを変動させ、早朝のパフォーマンスを向上させていることも示されています。

ただし、こうした研究結果にかかわらず、運動に最も適した時間は、その人の1日の過ごし方次第だともいえます。
睡眠、ストレス、疲労などの要因のほうが、体温のリズムがもたらす違いよりも大きいと考えられるためです。
また、これらの研究のほとんどは、一般的な睡眠リズムをもつ被験者を対象にしているということも考慮しなければなりません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  3. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  4. 2015-7-6

    細胞呼吸とは

    細胞内では、炭水化物、脂肪、タンパク質などの有機化合物を分解し、そのときに生じたエネルギーをATPの…
  5. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
ページ上部へ戻る