運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?

被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させて、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、午後6時前後が最もパフォーマンスが高くでたという研究結果があります。

身体の各筋群や、他のスポーツを対象にした研究でも同様の結果がでているといいます。
多くの研究者は、1日の間に約1℃の幅で推移する体温が、時間帯によるパフォーマンスの違いを生みだしている要因だと考えているようです。
内臓などの深部体温が上がることによって、筋肉が弛緩し、代謝反応や神経信号の伝達は速くなります。

この時間帯は、トレーニングによって変えられることもわかっています。
1989年にジョージア大学研究では、早朝のトレーニングを行ったグループは早朝のパフォーマンスが、夕方にトレーニングをさせたグループは夕方のパフォーマンスが向上したという結果がでたといいます。
別の研究では、早朝の運動が1日を通じたストレスホルモンのコルチゾールレベルを変動させ、早朝のパフォーマンスを向上させていることも示されています。

ただし、こうした研究結果にかかわらず、運動に最も適した時間は、その人の1日の過ごし方次第だともいえます。
睡眠、ストレス、疲労などの要因のほうが、体温のリズムがもたらす違いよりも大きいと考えられるためです。
また、これらの研究のほとんどは、一般的な睡眠リズムをもつ被験者を対象にしているということも考慮しなければなりません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトア」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  2. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  3. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
  4. 2017-3-19

    ストレッチングによる柔軟性向上の短期および長期効果

    ストレッチングの効果に関して、システマティックレビューがいくつも行われており、短期的あるいは長期的な…
  5. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
ページ上部へ戻る