2014/11/24

コンディショニング科学, スポーツ医学

遅発性筋痛とアイシング効果

2015/7/6

解剖生理学

細胞呼吸とは

2015/1/26

人間科学, スポーツ医学

東洋医学における人体の構成要素

2015/9/1

解剖生理学

運動学習における感覚系の役割

最近の記事過去の記事

トレーニング科学過去の記事

2017/6/24

筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」…

解剖生理学過去の記事

2017/9/16

腱や靭帯と年齢について

骨格の成熟度と加齢は、靭帯と腱のバイオメカニクス的性質に大きく影響します。一般に、…

コンディショニング科学過去の記事

2017/8/12

後頭下筋群と頸部痛

後頭下筋群はその名の通り、後頭下の頸部の深層に位置しています。これらの筋は軸椎から…

過去の人気記事

  1. 2016-1-28

    「痛み感覚」とニューラルネットワーク

    慢性の痛みは脳内で自動的に記憶を引き出してしまうような「ニューラルネットワーク」を構築しています。…
  2. 2015-5-3

    呼吸運動の観察と触察

    近年、呼吸運動の機能評価が、スポーツパフォーマンスにおいても非常に重要視される傾向にあります。そ…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. コーピングとはもともとはストレス状況下でストレスの原因を除去したり、ストレス状況を低減するように対処…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2015-5-13

    考え事と首のひねりの関係

    ヒトの大脳の左右の半球はそれぞれ右脳と左脳とよばれ、右半球は音楽、イメージ、経験、直感的な認識、いわ…
  2. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  3. 2017-4-8

    習熟が必要なフリーウエイト

    フリーウエイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければならず、また体を安定させつつ力を発揮する必要…
  4. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
  5. 2015-8-9

    300億個もの脂肪細胞とエネルギー恒常性

    脂肪細胞は脂肪組織の主要な構成細胞であり、エネルギーを細胞内に中性脂肪として蓄積しています。過剰…
ページ上部へ戻る