1. 2015/5/18

    解剖生理

    肥満と神経ヒスタミン

  2. 2016/2/17

    コンディショニング

    過剰な腰椎前弯に対するアプローチ

  3. 2015/11/15

    コンディショニング, 健康科学

    姿勢チェックとアライメント

  4. 2015/1/15

    スポーツ関連, トレーニング科学

    相撲における『股割り』『腰割り』の重要性

最近の記事過去の記事

PR記事

解剖生理過去の記事

2016/12/1

骨の連結

骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によ…

スポーツ医学過去の記事

2016/12/9

肘関節の骨折・脱臼

肘頭骨折は、転倒した際に肘をつくことで起こります。 関節内骨折で肘痛や腫脹が見られま…

ランキング

コンディショニング過去の記事

2016/12/1

スポーツ歯科の重要性

なぜ、一流のスポーツ選手は歯を大切にするのでしょうか? それは歯と運動能力には密接な関係…

過去の人気記事

  1. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。 …
  2. 2015-3-16

    遅発性筋肉痛は未だ謎だらけ

    不慣れな運動や激しい運動をすると筋肉痛が起きてしまいますが、これには急性のものと遅発性のものの二種類…
  3. 2014-10-17

    食欲を考える!

    最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。 秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…

ピックアップ記事

  1. 細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。 その両親媒…
  2. 老化は生活習慣によって進行度が変わるということはが科学的にもわかってきています。 この老化…
  3. イメージトレーニングのように、特定の運動行為を行っている状況を想像した場合や、他者がその行為を行って…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2015-3-20

    身体を動かすテレビゲームって運動になるんですか?

    身体を動かすテレビゲームは今やたくさんありますが、果たしてそれが運動効果をもたらすものなのでしょうか…
  2. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。 …
  3. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。 それは、「伸…
  4. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。 それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  5. 2015-7-20

    滑液の特性

    滑液は滑膜関節のほか、滑液包や腱鞘に存在します。 滑膜関節における滑液は透明、もしくは淡い黄色で粘…
ページ上部へ戻る