2016/1/24

生物学

なぜ子どものほうが言語をよく学べるのか。

2015/3/16

コンディショニング, 健康科学

遅発性筋肉痛は未だ謎だらけ

2016/5/29

コンディショニング, 解剖生理

パウエルズの理論

2014/12/5

スポーツ医学, 解剖生理

滑膜性関節の構造

最近の記事過去の記事

PR記事

解剖生理過去の記事

2017/1/30

内腹斜筋の機能的役割

内腹斜筋の筋線維は腹壁筋群の中間層であり、外側腹壁を覆う筋層を形成します。その線維…

スポーツ医学過去の記事

2017/1/14

サッカー選手に多い鼠径部周辺痛

鼠径部周辺に痛みが生じた場合、症状の程度が軽くプレーに支障がないレベルであれば、練習前のウ…

ランキング

コンディショニング過去の記事

2017/2/28

スポーツ障害の予防について

スポーツに怪我はつきものであり、残念ながら怪我を完全に回避することはほぼ不可能ですが、近年…

過去の人気記事

  1. 2015-6-12

    アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをい…
  2. 2015-6-7

    カルノシンやアンセリンの緩衝作用で筋疲労軽減を

    カルノシンやアンセリンなどのイミダゾールジペプチドは、動物の脳、心臓、肝臓、腎臓、神経系や骨格筋中に…
  3. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…

ピックアップ記事

  1. トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。特に…
  2. 筋線維は大きく、速筋線維(FT線維)と遅筋線維(ST線維)に分類されます。FT線維は単収縮が…
  3. 繰り返す股関節周囲の痛みに対する基礎的研究は少なく、多くのデータがあるとは言いがたいのが現状ではない…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2014-11-22

    水分の摂取を考える。

    水は普段の生活においてはほとんど意識することなく摂取しているものであるが身体機能保持・調節においては…
  2. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  3. 2015-5-3

    呼吸運動の観察と触察

    近年、呼吸運動の機能評価が、スポーツパフォーマンスにおいても非常に重要視される傾向にあります。そ…
  4. 2014-12-17

    筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

    トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。…
  5. 2014-9-27

    頭痛にお悩みの方、群発頭痛って知ってますか?

    出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…

アーカイブ

ページ上部へ戻る