1. 2015/11/20

    生物学, 解剖生理

    筋線維の発生と機能構造

  2. 2014/12/6

    健康科学

    エイジングの原因となる2大仮説とは?

  3. 2015/7/15

    解剖生理

    温度不耐性について

  4. 2015/12/13

    生物学, 解剖生理

    ヒートショックプロテインとその特性

最近の記事過去の記事

PR記事

解剖生理過去の記事

2017/1/30

内腹斜筋の機能的役割

内腹斜筋の筋線維は腹壁筋群の中間層であり、外側腹壁を覆う筋層を形成します。 その線維…

スポーツ医学過去の記事

2017/1/14

サッカー選手に多い鼠径部周辺痛

鼠径部周辺に痛みが生じた場合、症状の程度が軽くプレーに支障がないレベルであれば、練習前のウ…

ランキング

コンディショニング過去の記事

2017/1/11

初動負荷理論とは

初動負荷理論は、トレーニング理論、動作理論の2つから形成されます。 初動負荷法とは、…

過去の人気記事

  1. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
  2. 2016-1-16

    腱の機能解剖

    腱は筋と骨を結ぶ強靭な結合組織で、筋の収縮力を骨格へ効果的に伝達する。 筋腱移行部では腱は筋細胞と…
  3. 2014-11-21

    筋繊維特性と筋肥大の関係

    筋トレをしているけど「筋肉が太くならない」と悩んでいる男性は多いのではないでしょうか? 筋肉を…

ピックアップ記事

  1. 体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在していま…
  2. 皆さん、脳に地図があることは知っていますか? もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  3. 筋タンパクにおけるタンパク質の同化と異化のパランスは、筋力の維持、余剰になったエネルギーの貯蔵・管理…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか? αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  2. 2015-8-7

    IGF-1と筋肥大の関係

    筋が、性ホルモン、成長ホルモン、インスリン、成長因子などの化学的刺激によって肥大することはよく知られ…
  3. 2015-6-2

    腰椎椎間板ヘルニアってなに??

    腰椎椎間板ヘルニアって聞いたことあるけど... 今回は…
  4. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。 …
  5. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
ページ上部へ戻る