1. 2015/8/30

    スポーツ医学, 解剖生理

    歩行の神経機構

  2. 2015/1/24

    コンディショニング, 健康科学

    Tooth Contacting habitを考える

  3. 2016/3/31

    生物学

    共感覚(synesthesia)とは

  4. 2015/6/14

    解剖生理

    神経系と下行性伝導路

最近の記事過去の記事

PR記事

解剖生理過去の記事

2017/1/8

舌骨の機能的考察

ヒトの頸部は、主要な血管、神経をはじめ、気道・食道、甲状腺やリンパ腺などの臓器を内蔵してい…

スポーツ医学過去の記事

2017/1/14

サッカー選手に多い鼠径部周辺痛

鼠径部周辺に痛みが生じた場合、症状の程度が軽くプレーに支障がないレベルであれば、練習前のウ…

ランキング

コンディショニング過去の記事

2017/1/11

初動負荷理論とは

初動負荷理論は、トレーニング理論、動作理論の2つから形成されます。 初動負荷法とは、…

過去の人気記事

  1. 2014-11-21

    筋繊維特性と筋肥大の関係

    筋トレをしているけど「筋肉が太くならない」と悩んでいる男性は多いのではないでしょうか? 筋肉を…
  2. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。 …
  3. 2015-9-29

    姿勢とは何か?

    姿勢(posture)とは何かと問われると、人それぞれさまざまな答えが返ってくるでしょう。 人…

ピックアップ記事

  1. 2015/5/16

    薬の効き方
    病気になると薬を飲む機会は増えます。 日本はアメリカに次ぐ世界第2の薬好きと表現されています。…
  2. 縫工筋は、身体で最も長い筋です。「仕立て屋」というラテン語が語源で、昔、仕立て屋がしばしば足を組んで…
  3. 筋紡錘は筋線維に沿うように配置されていて、筋内部に多数存在しており、筋の長さとその変化速度を検出する…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2015-11-29

    アスリートに特有な遺伝子は存在するか

    スポーツの世界では、有名選手とその子どもも活躍していることがたくさんあります。 ということは、…
  2. 2015-8-16

    ストレスと下垂体 – 副腎系

    生体にストレスが加わると、さまざまな変化が起こります。 生体へのストレス負荷により、視床下部―…
  3. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。 1つ目は、筋力や持久力、…
  4. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。 その両親媒…
  5. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。 例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
ページ上部へ戻る