2016/2/6

スポーツ医学

膝前十字靭帯損傷とその動的スクリーニングの必要性

2016/1/7

コンディショニング

共同筋における効率的な動員パターン

2015/6/12

解剖生理

神経系と反射弓

2015/11/6

健康科学, 解剖生理

運動時の循環血液量調節機構

最近の記事過去の記事

PR記事

解剖生理過去の記事

2017/1/30

内腹斜筋の機能的役割

内腹斜筋の筋線維は腹壁筋群の中間層であり、外側腹壁を覆う筋層を形成します。 その線維…

スポーツ医学過去の記事

2017/1/14

サッカー選手に多い鼠径部周辺痛

鼠径部周辺に痛みが生じた場合、症状の程度が軽くプレーに支障がないレベルであれば、練習前のウ…

ランキング

コンディショニング過去の記事

2017/2/28

スポーツ障害の予防について

スポーツに怪我はつきものであり、残念ながら怪我を完全に回避することはほぼ不可能ですが、近年…

過去の人気記事

  1. 2015-3-30

    内側側副靭帯損傷について

    先日のプロ野球の試合でソフトバンクの斐嗣捕手がホームベースへスライディングの際に膝を痛めてしまいニュ…
  2. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
  3. 2015-5-14

    プリン体とは何か?

    アデニンやグアニンはその構造にプリン環と呼ばれる化学構造を持っています。 このようなプリン環を持っ…

ピックアップ記事

  1. イメージトレーニングのように、特定の運動行為を行っている状況を想像した場合や、他者がその行為を行って…
  2. 身体を動かす際に、痛くはないけれど普通ではない状態のときなどに感じる『違和感』。 この『違…
  3. 肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2015-4-25

    食事と咀嚼

    食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。 食べるときは、歯だけで…
  2. 2017-2-16

    体力を維持するコツ

    学生の部活動以来で運動をやって身体が動かなくてだめだったという経験がある方もいるでしょう。 長…
  3. 2015-2-25

    脳とコンピューターの処理の違い

    脳は、莫大な量の情報を絶えず処理しています。 その大量の情報を脳はどうやって処理しているのでし…
  4. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。 そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  5. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
ページ上部へ戻る