2015/9/3

コンディショニング科学, スポーツ医学

投球動作における肘のバイオメカニクス

2015/5/4

栄養学

摂取すべき脂肪酸と控えるべき脂肪酸は確かに存在し、それは…

2015/6/17

人間科学, トレーニング科学

筋繊維特性とトレーニング効果

2015/12/21

解剖生理学

感覚情報は運動と知覚では異なる経路で処理される

最近の記事過去の記事

トレーニング科学過去の記事

2017/4/5

瞬発力の速筋と持久力の遅筋について

筋肉は膨大な数の筋繊維が束になってできていて、筋線維の収縮によって身体を動かしています。…

解剖生理学過去の記事

2017/6/15

腋窩陥凹はハンモックのように

肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中…

コンディショニング科学過去の記事

2017/8/12

後頭下筋群と頸部痛

後頭下筋群はその名の通り、後頭下の頸部の深層に位置しています。これらの筋は軸椎から…

過去の人気記事

  1. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  2. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…

ピックアップ記事

  1. 下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
  2. 現存する生物もこれまでに死んでいった生物も全て、46億年前に地球が誕生した時に含まれていた無機物の水…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2015-6-20

    下行性疼痛抑制系とは

    アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは19…
  2. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  3. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
  4. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  5. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
ページ上部へ戻る