2016/1/14

コンディショニング科学

筋繊維と筋膜の構造と伸張性の比較

2014/11/27

人間科学, 栄養学

脂肪の働きを考える!

2015/3/23

解剖生理学

感覚としてのカラダ

2016/1/23

未分類

アクティブタッチとは

最近の記事過去の記事

トレーニング科学過去の記事

2017/6/24

筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」…

解剖生理学過去の記事

2017/9/16

腱や靭帯と年齢について

骨格の成熟度と加齢は、靭帯と腱のバイオメカニクス的性質に大きく影響します。一般に、…

コンディショニング科学過去の記事

2017/8/12

後頭下筋群と頸部痛

後頭下筋群はその名の通り、後頭下の頸部の深層に位置しています。これらの筋は軸椎から…

過去の人気記事

  1. 2015-2-22

    運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

    運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?被験者に1時間ごと…
  2. 2015-9-30

    神経の可塑性について考える

    神経の可塑性とは、新しい経験を経て、神経細胞の活動が変化し、新たな神経細胞間のネットワークが形成され…

ピックアップ記事

  1. レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  2. みなさんは、運動する場所や時間帯を気にかけた事はありますか?最近は運動公園や街中でランニング…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2016-1-28

    「痛み感覚」とニューラルネットワーク

    慢性の痛みは脳内で自動的に記憶を引き出してしまうような「ニューラルネットワーク」を構築しています。…
  2. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  3. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  4. 2014-9-27

    ホルモン分泌

    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  5. 2015-2-10

    摂食行動異常とは

    最近、多くの人は自分を太りすぎていると感じており、巷には痩身法に関する情報があふれています。…
ページ上部へ戻る