2015/9/12

コンディショニング科学, 解剖生理学

タンパク合成装置としての筋細胞

2014/10/1

人間科学, コンディショニング科学

生体の中に正確な時計が無数に存在する。

2014/11/28

コンディショニング科学, 解剖生理学

筋膜組織の機能

2015/5/24

人間科学, コンディショニング科学

紫外線と目

最近の記事過去の記事

トレーニング科学過去の記事

2017/5/6

足裏チェックして姿勢を改善

姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思…

解剖生理学過去の記事

2017/6/15

腋窩陥凹はハンモックのように

肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中…

コンディショニング科学過去の記事

2017/8/12

後頭下筋群と頸部痛

後頭下筋群はその名の通り、後頭下の頸部の深層に位置しています。これらの筋は軸椎から…

過去の人気記事

  1. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
  2. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…

ピックアップ記事

  1. 外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  2. 2015/5/24

    がん細胞
    人間の体は一つの受精卵が分裂して二つの細胞になり、それがまた分裂していき、最終的には60兆個にもおよ…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  3. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
  4. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
  5. 2015-11-13

    古来から伝わる鎮痛薬とは

    紀元前400年頃のギリシア人は、痛風の痛みや発熱に苦しむ患者に、ヤナギの皮や葉を…
ページ上部へ戻る